最高級だけど300円! 海苔がうまいと手巻き寿司が銀座料亭クラスに_ニコニコのり「ジャパンプレミアム」に驚愕!

2019.08.08

いやほんと。ニコニコのり が9月1日から全国発売する新商品「有明海産 極 手巻のり」で、酢飯を巻いて食べるだけで、海苔(のり)の濃厚な旨み、豊かな海の香り、深みが口いっぱいに広がって……。

しかも、ひとくちめのパリッ! も弾けるような音と食感。うわーっ、国産の上質な海苔を、有明の海を食ってるーって実感―――。

この新商品「有明海産 極 手巻のり 10枚」は、ニコニコのりがプッシュする高級グレード「ジャパンプレミアム」(JAPAN PREMIUM)シリーズの新作。

高級グレードなのに、参考価格はなんと300円!

9月には、このジャパンプレミアム「有明海産 青のり入 焼のり 10枚」(参考価格750円)をはじめ、「有明海産 青のり入 味のり卓上 50枚」(同420円)、「応援デコのり 阪神タイガース 6枚」(300円)、「のりたっぷりパラドレ」(同170円)などが登場。

どれも試食してみた。やっぱり脳内の「これうまっ!メモリー」にしっかりインストールされたのは、最高級「有明海産 極 手巻のり」で巻いた手巻き寿司。

管理栄養士 磯村優貴恵先生に「海苔の上に酢飯を三角形において」と教わりながら、うなぎ、いくら、青じそをのせて、くるっ。

パリパリパリっ!! うまーっ!! 上質な国産海苔が炸裂し、なかからぷちぷち濃厚のいくら、香ばしいうなぎ、青じその香り、そして海苔の旨み………。もうこれ以上、表現できないほど渾然一体となった海の恵みが口いっぱいにひろがって、最高。

そしてまさに、まさにASMR、咀嚼音(そしゃくおん)ブームにマストなアイテム。女子高生も注目して!

ニコニコのり新商品を使ったレシピもいろいろ

手巻き寿司のほかにもいろいろ試した。「のり香る和風生春巻き」は、自宅にあるツナ缶や葉物野菜をライスペーパーと「有明海産 青のり入 焼のり」で巻いて。ちょっとした小料理屋のひとしなみたいでしょ。ビールもあう。

「香ばし胡麻のり白玉」は、ちょっと和スイーツ感覚。「有明海産 青のり入 味のり」の風味と甘じょっぱさと、白玉のちょっと優しい甘みが口のなかでコラボ。これもうまい。つめた~い緑茶もいっしょに。

―――どう? 国産の上質な海苔(のり)で、いろいろ試してみたいでしょ。もちろん、あのパリッとした食感と旨みは、茶わん一杯の白いごはんに巻いて食べても、それはそれは、うまい。国産のちょっといい海苔がいいね! って思うはず。

でも、実は国内の海苔業界はいま深刻。8月7日の新商品発表会では、ニコニコのり 白羽清正 代表取締役社長が「国産海苔は、46年ぶりの大凶作。国産海苔が減少している理由は、温暖化・暖冬による海水温の上昇、人手不足・漁業後継者不足、降水量の減少などがあげられる」と。

ニッポンのソウルフード、どんなときにもあるとうれしい、海苔。いまこそ、ジャパンプレミアムな海苔を試して、「いいのりっていいね」を実感してみて。

ニコニコのり 白羽清正 代表取締役社長

tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです