受動喫煙防止策のトレンドとニーズに対応、アイピックがパーティション発想の喫煙ブースを本格販売

2019.09.09

2020年4月に改正健康増進法や東京都受動喫煙防止条例が施行されるのをうけ、飲食業界やイベント・遊戯業界などは受動喫煙防止策の対応に迫られている。

居酒屋やカフェなどは、全面禁煙や喫煙専用室(分煙)設置で対応する事例が多いいま、喫煙ブースを設置し客席を全面禁煙にするという対応が注目を集めている。

いっぽうで、喫煙ブースの設置費用が高い、現場の工事が大がかりになるといった声も多く、中小・個人経営の飲食事業者がまだまだ設置に踏み切れないでいる。

こうしたなか、都内に本社・ショールームをもつパーテーションメーカー アイピックはボックス型 喫煙ブースを本格販売をスタート。「都内の飲食店の約84%が規制対象に。都は喫煙専用室の設置費を補助する予定で、いまこそ喫煙ブース設置を検討してほしい」と伝えた。

アイピックの喫煙ブースは、パーティションメーカーならではの発想がいろいろ。たとえば、設置スペースにあわせて喫煙ブースのサイズを自由に決められる、工事費用が安価という点も、パーティションの自由度からくる発想。

また、室外排気型(ダクト)と室内循環型(分煙機)の2タイプを用意。室外排気型は、喫煙ブース設置位置が限られたりダクト工事のコストがかかるといった条件があり、室内循環型には分煙機のフィルター交換やランニングコストが要るといった条件もある。

「全400店舗を構える居酒屋チェーン事業者から、全国1700店舗の飲食業者まで、複数の企業がアイピック製 喫煙ブースの導入を検討している」とアイピック。

アイピックは今後、導入を検討している企業や個人経営者の声を聞きながら、ニーズにあわせた喫煙ブースを提供していくという。

https://www.partition-lab.jp/products/smokingroom/

tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです