11月下旬から旧3000系「緑の電車」ラッピング列車が走る、池上線活性化プロジェクト――東急

2019.10.08

旧3000系「緑の電車」 画像:東急電鉄

東急電鉄は2017年度より実施している「池上線活性化プロジェクト」の一環として、明日2019年10月9日(水)~12月8日(日)、「あなたも!行けばアガる↑キャンペーン」を実施します。その一環として、池上線・旧目蒲線を1989年まで走行していた、「旧3000系『緑の電車』」のラッピング列車を11月下旬から運転。カラーリングを現在の1000系に再現します。

画像:東急電鉄

『行けばアガる↑池上線』プロモーションは”人はなつかしさを感じることでポジティブな気持ちになれる”をテーマに「木造駅舎・ターミナル駅・銀に赤い帯の車両など、東急線沿線の原風景が残り、鉄道が暮らしに溶け込んでいる池上線沿線を散策してもらうことで、皆様によりいっそう前向きな気持ちで日々の生活を送ってもらいたい」との思いから立ち上がったプロジェクト。

キャンペーンでは他にも、池上線沿線の街並みを”なつかしさ”で切り取った散歩ガイド&スポット紹介および各種イベント情報などを掲載したガイドブックを東急線全駅で無料頒布。池上線沿線の7つのスポットに設置されているスタンプを集めて先着3,000名に「オリジナルスタンプ帳カバー」をプレゼントするスタンプめぐり企画なども実施予定です。

ガイドブックはオールカラー28ページ・A5判 画像:東急電鉄

その他関連イベント情報などは、イベントキャンペーンサイトにて発表していくとのことです。

【キャンペーンサイトURL】
http://ii.tokyu.co.jp/ikegami_line/

鉄道チャンネル編集部

TAGS スタンプラリー 東急 ラッピング車両


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです