JR西の新観光列車名は「etSETOra」 2020年秋頃 呉線及び山陽線に導入!

2019.10.16

画像:JR西日本

JR西日本は10月16日、2020年10月より開催する「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」を契機に導入する新型観光列車について、名称を「etSETOra」(読み:エトセトラ)にすると発表しました。

et cetera(エトセトラ)はラテン語で「その他いろいろ。等々。……など。」という意味を持つ言葉。普段は「etc.」の形で使われることも多いですね。列車名の「etSETOra」はこれになぞらえ、せとうちが次から次に紹介したくなる魅力に溢れていることを表現しています。また、「えっと」は広島弁で「たくさんの」「多くの」という意味もあり、この列車で「えっと」瀬戸の魅力を感じてほしいといった思いも込められているそうです。

使用車両はキハ47系気動車(2両編成)。運行線区は呉線及び山陽線(宮島口~尾道)。外観デザインは瀬戸内海の「青」や海岸線から見える波の「白」などを使用して”せとうち”を表現しています。

詳細な発着駅や停車駅、車内サービス等は決まり次第順次お知らせするとのこと。来秋の運行が楽しみですね。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】
呉線・山陽線に新たな観光列車導入!「瀬戸内マリンビュー」は引退
https://tetsudo-ch.com/9025780.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです