親子で遊べる学べる参加型イベント「東京エキミチあそび」東京駅グランルーフで11/2.3 開催

2019.10.26

東海道や東北へと行く新幹線が発着し、山手線や東海道線、東京メトロの地下鉄たちが接続する、日本の最大の鉄道ターミナル―――東京駅。

この東京駅の八重洲口にあるグランルーフ・グランルーフフロントで11月2・3日、親子で親子で遊べる学べる参加型イベント「東京エキミチあそび」が開催さえる。両日とも、「東京エキマチ FES!」にあわせて開催する無料イベント。

各地で学園祭なども開催される「文化の日」ってことで、「東京エキミチあそび」では、こんな体験コーナーがいろいろ↓↓↓

東京エキミチあそび

その名のとおり、「いつもの通り道が遊び場に」がテーマのエリア。

大きな黒板にお絵描きをしたり、自分でコースをつくれる球転がしで遊ぼう! 広い芝生でのんびりするのもOK。

光で描くあなたの記憶―体験ワークショップ

大丸東京店ファンディングアート企画、その名も「光で描くあなたの記憶 体験ワークショップ」。

このワークショップでは、カメラを使わず太陽光と感光紙を使って写真を撮るという体験ができる。

光の効果を考えながら、じっと待って、現像する……そんな時間はなかなか無い新鮮な体験。

大切なもの、思い出の品、あなただけの1枚に焼きつける時間を。

開催時間は 11:30~12:15/15:15~16:00。各回約45分。各回先着16人、予約不要。参加無料。

パラ競技 ボッチャ体験

ボッチャは、重度脳性麻痺者やそれと同程度の四肢重度機能障がい者のために考案され、ヨーロッパで生まれたスポーツ。

このパラリンピック競技種目 ボッチャ のコートがグランルーフに出現!

また、東京2020オリンピック・パラリンピック期間中に千代田区で開催される競技をパネルで紹介するコーナーも設置される。

折り鶴づくりコーナー

東京2020オリンピック・パラリンピック大会の選手村がある中央区は、「折り鶴ウェーブ」を展開し、国内外に平和を発信中。

この折り鶴ウェーブは、東京2020大会を機に中央区を訪れる人たちに、平和と日本文化の象徴である折り鶴を手渡すおもてなしを実施。

今回、東京ステーションシティ運営協議会は、この折り鶴ウェーブ 中央区おもてなしプロジェクト に賛同し、折り鶴をつくるブースを設置。思いを込めながらゆっくりと鶴を折る時間を体験できる。

―――東京駅で行われる文化祭「東京エキミチあそび」。同時開催される野外音楽フェス「東京エキマチ FES!」については、別の記事をチェックしてみて。

<Lucky Kilimanjaro も出演! 東京駅で野外音楽フェス 11/2.3 開催>
https://tetsudo-ch.com/9853839.html
 
 
主催:東京ステーションシティ運営協議会
協力:中央区、千代田区、大丸松坂屋百貨店、中央エフエム、TOKYO PLAY、八重洲地下街
企画協力:鉄道会館

写真:東京ステーションシティ運営協議会
記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです