「エキュート大宮」開業15周年を目前にリニューアル 12/11からスイーツゾーンがさらに充実

2019.11.15

リニューアルイメージ 画像:JR東日本リテールネット

JR大宮駅構内にある「エキュート大宮」は、手土産スイーツや弁当・惣菜・レストランメニューが充実した商業施設。来年2020目3月5日に開業15周年を迎えます。

開業15周年の節目にあたり、11月15日(金)の「ニューデイズ」オープンを皮切りに、「エキュート大宮」では4ゾーン合計14ショップのリニューアルを行います。

エキュート大宮フロアマップイメージ 画像:JR東日本大宮支社

イートイン&ベーカリーゾーンでは、川崎県川口市に本店を構える「デイジイ」が11月27日(水)オープン。埼玉県産素材を使用した限定品を多数提案します。また12月9日(月)には新業態の「カフェ ティンバーハウス」がオープン。”エキナカの山小屋カフェ”をコンセプトに地元埼玉食材を使ったメニューを提供。

埼玉県川口市に拠点を置く『デイジイ』 写真:JR東日本大宮支社
新業態「カフェ ティンバーハウス」 写真:JR東日本大宮支社

スイーツゾーンは12月11日(水)に大規模リニューアル。埼玉県内初出店となる「Now on Cheese♪」ではチーズが主役のスイーツを提供。同じく埼玉県内初出店となる「ハスキージェラート」は魚沼の自社工場より旬のフルーツや野菜をたっぷり使ったジェラートをお届けします。

週末金曜日限定で大宮限定商品もある「Now on Cheese♪」 写真:JR東日本大宮支社
「ハスキージェラート」はチーズケーキ専門店AWORKS監修のケーキや国産素材を使ったお菓子の展開をスタート 写真:JR東日本大宮支社

JR東日本大宮支社は、埼玉食材を使った商品の展開や地域色の高いエキナカ商業施設へのリニューアルにより、地元の魅力を発信していくとしています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです