和傘と紅葉と喜多院、完璧インスタ映え! 東武50090型 川越特急で行く屋外アート展「和傘紅葉in川越喜多院」12/15まで開催

2019.12.04

うわーっきれーーい! 晴れても雨でもめっちゃ映える!

現地に行くと、インスタ女子たちのそんな声が聞こえてくる。ここは埼玉・川越の古刹、紅葉の名所―――喜多院。

この喜多院の境内にある慈眼堂に、いまインスタ女子やコスプレ好きたちが注目している期間限定アート展がある。

「和傘紅葉 in 川越喜多院」。

もともと撮影スポットとしても人気の喜多院 慈眼堂に、竹と和傘を組みあわせたインスタレーションを展開。いま絶好の見頃をむかえる紅葉とのコラージュが、インスタ女子やコスプレ好きに大注目されているってわけ。

さらにそのまわりには、カラスウリ、ツルウメモドキなど秋の植物が彩り、なんとも不思議な和の空間に―――。

このインスタレーションを手がけたのは、東武鉄道と小江戸川越観光協会。アート施行は東上線の起点・池袋エリアでも活躍するプランツアートユニット tamiser(タミゼ)と書家 玄妙(げんみょう)の合作。

開催期間中の12月15日までは、「池袋・川越アートトレイン」公式アカウントをフォローし、「川越の紅葉」に関連した画像をインスタグラム(Instagram)にハッシュタグ(#川越紅葉)を付けて投稿すると、キャンペーン期間終了後、抽選で池袋・川越アートトレイン記念グッズがもらえる。

―――まず、下のフォトアルバムを見てみて。行きたい!って思ったら、小江戸川越観光協会公式ページをチェックして、東上線で出かけてみて。

https://www.koedo.or.jp/news/2019/11/22/16466/

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです