Core i7+16GB、大画面、Wi-Fi 6、選べる5色、Harman Kardon …15型最新モダンPC「ASUS VivoBook S15 S531FA」12/13販売開始

2019.12.14

極薄ベゼル幅で画面占有率88%の「境界なし、ほぼ画面」、Wi-Fi 6 対応、イルミキーボード、エルゴリフト、第10世代 インテル Core I CPU 搭載、そして自分にぴったりのカラーを5色から選べるカラーバリエーション―――そんな特長を詰め込んだ最新モダンPCが12月13日に登場した。

商品名「ASUS VivoBook S15 S531FA」。

実機に触って「あっ、ここいいね」と感じた点は、別で詳しくレポート公開中↓↓↓
https://tetsudo-ch.com/9940057.html

ってことで、ここでは12月12日に開催された発表会に登壇したキーパーソンたちの想いを。

まず、ASUS VivoBook S15 S531FA 、選べるカラバリとファッション性、フレームいっぱいまでディスプレイを広げた没入感ある大画面、Wi-Fi 6 対応など、「自分らしさと最新技術をめいっぱい詰め込んだ最新モダンPC」という横顔を持つ。

ラインナップは2つ。第10世代 インテル Core i7-10510U プロセッサー(最大4.9GHz)+16GBメモリの「S531FA-i7 SKU」と、インテル Core i5-10210U プロセッサー(最大4.2GHz)+8GBメモリのモデル「S531FA-i5 SKU」。

発表会場にはInstagram女子が詰めかけ、ガンメタル、トランスペアレントシルバー、コバルトブルー、パンクピンク、モスグリーンの5色設定にまず「うわーっ色がきれい!」とスマホを実機にむける。

また会場には、ASUS JAPAN アルヴィン・チェン(Alvin Chen)代表取締役社長をはじめ、同社 熊谷歩美・西康宏・Leila Lin の各氏、日本マイクロソフト梅田成二 執行役員、インテル渥美和彦 技術本部エバンジェリスト、そしてアンバサダーに選ばれたエレクトロバンド THREE1989 ボーカル上村翔平も登壇した。

上村翔平「自分らしい色でどこへでも持ち出して、大画面に没入」

モスグリーンの ASUS VivoBook S15 S531FA を手にして登場した上村翔平は、「アンバサダーという仕事は初めてですごくうれしいです。30代に突入して決まった大仕事。また新しい自分の色が見つかったかなと思う」と。

「最近はパソコンで音楽を制作するし、外に持ち歩いてひらめいたらカフェに立ち寄って書き留めたりもする。だから、この ASUS VivoBook S15 S531FA は軽くて持ち運びやすくて、モスグリーンもテンションも上がるいい色なんで、自分にぴったりだなって思う」

「まずこの画面が大きいのがいい。記した内容も見やすいし、さらにいろいろなものからインスパイアされたいから、動画も大きい画面で観たい。ひたすら没入できるし、直感的にイメージが入ってくるから」

そして「自分らしさ」「自己表現」についても、上村翔平はアーティストらしくコメント。

「好きか嫌いかは、まわりに流されずに自分の目で確かめて決めてほしいと思う。いまは次から次へと変化が迫ってくる時代。まわりに流されず走っていくためには、自分の色を濃く出してとどまることが大切で、オリジナリティを追求してこの世界を生き抜いていきたい」

ASUS VivoBook S15 S531FA の「いいね!」はまだまだいろいろ

ASUS VivoBook S15 S531FA の「いいね!」はまだまだいろいろある。

たとえば、天板とパームレストは、アルミニウム合金を採用し、アルマイト処理を施したことで色落ちも解消。しかも「ASUS VivoBook」ロゴは塗装後にシルバー削り出しという工法でぴかっと光る凹凸と美しさに。

15.6型液晶ディスプレイは、広視野角・フルHD対応 ノングレア ディスプレイを採用。広い作業領域と優れた視認性を実現し、オフィスや教室でも太陽光や蛍光灯の映り込みが少ないのもうれしい。

また顔認証機能「Windows Hello」をサポートし、よりセキュアなログインと、PCの前に居るだけで瞬時にログインできる作業環境で、安心してPC作業に取り組める。

そしてキーボードにも ASUS VivoBook S15 S531FA ならではの仕掛けが。キーボードは光るイルミネートキーボードを採用し、暗い現場でも生産性アップに貢献。また人間工学にもとづき、本体を開いたときにキーボードが約3度上向きに持ち上がる「エルゴ リフト」を採用することで、キーボードがユーザ側に近づくことでより快適なタイピングを実現させている。

ストレージは、爆速の512GB SSD(PCI Express 3.0 x2接続)と 1TB HDD 5400rpm の2つ。OSの起動やシャットダウンだけでなく、アプリの起動や保存しているデータの読み込み・書き込みなども、圧倒的なスピードですばやく実行できる。

また、大容量 1TB の HDD と共用すれば、フルHD動画で約9000分以上、1800万画素の写真データ(約6.1MB)を約16万枚以上、デジタル音楽(AAC 128kbps/1曲4分)を約24万曲以上も保存できる。

音響機能も充実。アメリカ高級オーディオブランド Harman Kardon のサウンド・システムを採用し、臨場感あるリッチな音空間を実現。

通信機能は、IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax 対応無線LAN、Bluetooth 5.0 などを搭載。ネットワークキャパシティは4倍、802.11ac比3倍のスピードといわれる Wi-Fi 6 に対応し、2.4GHz・5GHz帯のデュアルバンドで 802.11ax 対応。屋外では2.4GHz帯を、屋内では5GHz帯を使うといった活用が可能に。

さらに長寿命リチウムイオンバッテリーを搭載し、1000回の充放電で容量65%をキープ。ポリマーバッテリー(1000回の充放電で70%)にも迫る性能を確保した。バッテリー駆動時間は、 Core i7-10510U モデルが約7.6時間、Core i5-10210U モデルが約7.7時間。高速充電機能も特長で、0 → 最大約60%の充電を約49分で完了させる。

―――そんな特長がいっぱい詰まった ASUS VivoBook S15 S531FA の価格は、Core i7-10510U + メモリ16GB モデル「S531FA-i7 SKU」が14万9800円から、Core i5-10210U + メモリ8GB モデル「S531FA-i5 SKU」が12万4800円から。

まずは家電量販店などで、実機に触れてその質感と高性能っぷりを体感してみて。

tokyochips編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです