宮古島に行ったら必ず寄りたい 幸せカフェ空間! シギラセブンマイルズリゾート「ベーカリー&カフェ 南西の風」

2019.12.24

宮古島でいま最も注目を集めるリゾート空間が、シギラセブンマイルズリゾート。

このシギラセブンマイルズリゾートに、宮古島ならではの材料や季節ごとの旬な食材を使ったオリジナリティあふれるパンを毎日焼き上げているお店があるって、知ってる?

その名も「ベーカリー&カフェ 南西の風」。

この ベーカリー&カフェ 南西の風 では、ハード系のバゲットから、定番の食パン、惣菜パン、スイーツ系パンまで、ラインナップはいろいろ。

店内は木のぬくもりのある空間が広がり、思わず Instagram にアップしたくなる気分に。

「島時間の空気感を大切にしている店内で、香ばしいパンとコーヒーの香りに包まれながら、ゆっくり楽しんで」

「朝食やランチをはじめ、ちょっとしたティータイムにもおすすめ。お店のパンをほお張れば、宮古島に訪れる旅人たちも島民も、ホッと幸せな気持ちに」(ベーカリー&カフェ 南西の風)

店内での食事のほか、テイクアウトもOK。心地よい海からの風とスローな島時間を、ベーカリー&カフェ 南西の風 で―――ってことで、お店いちおしのパンメニューを紹介↓↓↓

黒糖揚げパン 紅芋揚げパン

黒糖揚げパン(100円 上)と紅芋揚げパン(100円 下)は、外はサクサク、なかはフワフワ。沖縄県産の黒糖と紅芋のシュガーパウダーをまぶしたひと品。ほのかな甘みがある懐かしい味わいの揚げパン。甘いスイーツ系パンを好む島民に人気なんだって。

沖縄県産アーサーとチェダーチーズパン 雪塩パン シークワーサーあんパン

沖縄県産アーサーとチェダーチーズパン(230円 左)は、香り豊かな県産のアーサー(別名 あおさ)とチェダーチーズ、2種類の異なる風味のコラボレーションが楽しめるひと品。地産地消に拘った惣菜パンは、トラベラーに人気。

雪塩パン(120円 右上)は、宮古島産の雪塩使用。ミネラルたっぷり、やわらかな塩の旨みでこちらも人気。

シークワーサーあんパン(150円 右下)は、沖縄県産のシークワーサーを白あんにあわせた特製餡を練りこんだひと品。さわやかな甘さが特徴。

ウィンナーロール デニッシュチョリソー

ベーカリーでは定番の惣菜パン、ウィンナーロール(130円 上)は、食べやすい大きさに仕上げることで子どもたちにも大人気。

デニッシュチョリソー(150円 左)は、甘みのあるリッチなデニッシュ生地で、ピリ辛のチョリソーを包んだひと品。

―――どう? どれもおいしそうでしょ。沖縄・宮古島を旅するならば、毎日焼きたてのパンと心地よい海風の時間を過ごせる ベーカリー&カフェ 南西の風 は外せないかも。

営業時間は8~16時。火曜日定休。店内34席・テラス50席。テラス席は、愛犬も同伴OKだから、ワンちゃんといっしょなら、マストスポットかもね。

<ベーカリー&カフェ 南西の風>
https://nanseirakuen.com/bakery_nanseinokaze.html

<シギラセブンマイルズリゾート>
https://www.nanseirakuen.com/

こちらの記事もオススメです