時短動線にこだわった家事代行サービスつき共働き世帯むけ分譲住宅、ポラスグループが埼玉 東大宮で販売開始

2019.12.19

埼玉・東大宮に家事代行サービスに特化した共働き世帯むけ分譲住宅―――。

戸建分譲住宅を企画・販売するポラスマイホームプラザ(ポラスグループ)は、家事動線などの設計、設備の採用基準の工夫、家事代行サービス「カジタク」を組み合わせた分譲住宅を、埼玉県さいたま市見沼区春岡に展開。販売を始めた。

物件ブランド名「育実(はぐくみ)の丘 東大宮 サウスブロック」全13邸。東京ガス 都市生活研究所の「共働き世帯の生活者の意識と暮らし・家事行為の実態調査」をベースに開発され、埼玉県子育て応援分譲住宅認定も取得したモデル。

モデルプランA(11号棟)では、洗濯の洗う、干す、しまうが短い動線でできる設計に(2階部分)。洗濯時に「気分が落ち込む」というたたむ・しまうの作業を省略できるよう、乾いた洗濯物をそのまましまえるウォークスルークローゼットを設置。洗濯時間を大幅に短縮させる。

また、バルコニーのほか室内干しができるスカイクリーンスペース、ウォークスルークローゼットを直線状に結び、中央奥の洗濯機スペースを含めて、洗う・干す・しまうの理想的な動線をつくりだした。

ダイニング・U型キッチン・テラスまでを一体化

また、モデルプランB(10号棟)では、家族みんなで食事を楽しむ U型キッチンを中心にしたつくりに。キッチンまわりが広々としているだけではなく、作業スペースも充実。料理の家事シェアもスムーズに行えるように仕立てた。

最先端のガスコンロ(リンナイDELICIA)も標準装備し、ココットプレートやザ・ココットなどの専用器具を充実させ、スマホ連動アプリで自動調理も操作できるようにした。

さらにキッチン・ダイニングに隣接するテラスは窓を開放すれば、内とつながる半戸外空間。外の心地よさを感じながらキッチンでゆっくり過ごす時間を提案している。

回遊型動線やスターディーコーナーも

そのほか、モデルプランA・B共通で、片付けをその場その場でできる回遊型動線や、仕事や勉強ができるスターディーコーナーを設置。

玄関の横にはシューズクロークを配置し、靴やベビーカー、スポーツ用品などもまとめて収納。さらに回遊式の動線で、ホームステーションやリビングをつなぐことで、出かけ時や帰宅時をスムーズにし、同時に片付けも終わるように仕立てた。

また、子どもの宿題・学習や趣味などのワークスペース「スタディーコーナー」も設置。ひとりの時間も家族の存在を感じられるように、空間を仕切らずLDKに接する場所に設けた。

気になる家事代行サービスは、イオングループの家事代行サービス会社「カジタク」が6回分(6か月間)の利用可能。

「掃除代行」「料理代行」のどちらかを、月1回2時間、6回オーダーできる。また7回目以降は特別割引が適用される。

価格は3180~4280万円。

こちらの記事もオススメです