JR東海「荷物サイズ確認キャンペーン」今日から 新幹線への特大荷物持ち込み事前予約制に向けて

2019.12.26

実施イメージ 画像:JR東海

本日12月26日(木)より、JR東海の「荷物サイズ確認キャンペーン」が始まります。本日と明日27日(金)は東京駅・名古屋駅・新大阪駅で、来年1月以降は東海道新幹線各駅で実施します。

キャンペーンの内容は”大きなお荷物をお持ちのお客様に案内スタッフがお声がけし、「荷物サイズ測定台」でお手持ちのお荷物をお測りいただく”というもの。参加された方にはノベルティのプレゼントも。

12月実施時のノベルティ例(メジャー) 画像:JR東海

実施期間・実施場所詳細

〇2019年12月26日(木)、27日(金)

東京駅八重洲中央南口改札
名古屋駅新幹線北口改札
新大阪駅新幹線中央口改札、新幹線南口改札

実施時間は10時~15時
27日(金)の新大阪駅のみ11時から16時

〇2020年1月以降

東海道新幹線全17駅で実施

2020年5月、特大荷物の事前予約制

本キャンペーンは東海道・山陽・九州新幹線で2020年5月中旬ご乗車分より導入する「特大荷物(縦・横・高さの3辺合計160cm超250cm以内)を持ち込む際の事前予約制」の周知のため行われるものです。

事前予約制により、新幹線に特大荷物を持ち込む場合は旅行前から座席とセットで荷物置場を予約して確保。座席に近い乗降扉付近の置場に荷物を収納することでスムーズな乗降を可能とします。

JR東海のご案内ホームページでは事前予約が必要となる荷物の大きさや、ベビーカーなど「特大荷物」の対象外となる手回り品に関するご案内などを「知って安心Q&A」に追加。利用方法なども2月以降に動画で案内し、訪日外国人向けの多言語案内も充実させるとのことです。

特大荷物スペースつき座席 事前予約(JR東海)
https://railway.jr-central.co.jp/oversized-baggage/index.html

【関連記事】
新幹線に特大荷物の事前予約制を2020年5月から導入、洗面所を荷物置き場に変更
https://tetsudo-ch.com/9672372.html

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事