新潟のキハ40消える、信越 羽越 米坂 磐越西線にGV-E400系を追加投入

2019.12.30

ディーゼルエンジンで発電しモーターで駆動させるGV-E400系が、信越線・羽越線・磐越西線・米坂線に追加投入。

2020年3月改正後は、1両編成と2両編成、あわせて40両に。これで、1979年から登場した国鉄型気動車キハ40系が信越線・羽越線・磐越西線・米坂線の新潟エリアから消える。

GV-E400系の運転区間は、信越線 新津~新潟、磐越西線 会津若松~新津、羽越本線 新津~酒田、米坂線 米沢~坂町。

GV-E400系のおもな特長は、対面座席シート間隔拡大、電動車いす対応トイレ設置、トキピンクを基調とした車内デザイン、日本語+英語の車内放送、優先席床面の色分け、紫外線カットガラス、LED照明など。

製造は川崎重工業。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです