麓山高原豚の肩ロース肉を磐梯山SA下りで思う存分に! 高速道路SAPA 新メニュー頂上決戦 福島宮城予選 NEXCO東日本

2019.12.30

ご当地食材をこれでもか!ってぐらい使い、これまで体験したことのない「うわっおいしいーっ!」「しあわせ~」を届けてくれる、NEXCO東日本SA・PA新メニューコンテスト。

その宮城・福島ブロック大会は、7作品がエントリー。ここでは、残念ながら金賞には選ばれなかったけど、審査員を「うまいっ!」と唸らせた作品たちにスポットを―――。

ちなみに、すべての新メニューが2020年5月まで該当SA・PAで販売中だから、「うわーっ、食べたーい!」って思ったら、いますぐ高速道路を走ってホットなSA・PAに行ってみて!

<新メニューコンテスト関連記事>
https://tetsudo-ch.com/tag/e-nexco

今回はここ! 猪苗代湖のほとりにある、磐越自動車道 磐梯山SA(下り線)。新メニュー名「牛タン?ちがうよ☆豚肩さ!」。開発したのは、磐越道 磐梯山SA(上り線)を運営する、西洋フード・コンパスグループ。

社員食堂、有料老人ホーム、学校給食、サービスエリア、ゴルフ場内レストランなどを手がける西洋フード・コンパスグループは、今回の宮城・福島ブロック大会で唯一、東京に本社を置く企業。

なんと、高速道路サービスエリア・パーキングエリアの運営は、ここ磐梯山SAのほか、海老名SA(東名道 下り)、海ほたる(東京湾アクアライン)「海ほたるネット」、磐梯山SA(磐越道 下り)、五百川PA(磐越道 上り)、五百川PA(磐越道 下り)、赤城高原SA(関越道 下り)、足柄SA(東名道 上り)、厚木PA(圏央道 内回り)、厚木PA(圏央道 外回り)、南条SA(北陸道 下り)、杉津PA(北陸道 上り)、日本平PA(東名道 下り)まで手広く手がけている。

↑↑↑の画像は、この新メニューを手がける料理人・スタッフとぴかぴかビジュアル。今回の新メニューには、こんな想いを込めたという。

「臭みが少なく柔らかな肉質の福島県産「麓山高原豚」の肩ロース肉を使用。低温でじっくり茹でることで柔らかさを保ちつつ、ネギ・ショウガの香味野菜で香り付けをしました。そのままでも、薬味をのせても楽しめます」

「揚げる・焼くといった調理法はすでにメニューにあったため、違う方法はないかと考え、茹でてみました。ただ茹でただけではパサついて柔らかさが保てないことから、低温でじっくり中まで火を通すことで柔らかくおいしくできました」

―――あまり流通していない「麓山高原豚」を試せるのは、ここ磐梯山SAのフードコート まんま食堂だけ。しかもほかのエントリーチームが価格上限額の1500円で開発しているなか、この新メニュー「牛タン?ちがうよ☆豚肩さ!」は1200円。「うわーっ食べてみたい!」と思ったら、いますぐ磐越自動車道 磐梯山SAへ!

◆献立:

麓山高原豚の香味ゆで豚~玉ねぎソースと薬味を添えて~
ごはん
純菜(じゅんさい)入り山塩スープ
香の物
もものゼリー

◆販売店舗:フードコート まんま食堂

◆新メニュー販売期間:2020年5月31日まで

―――そして! NEXCO東日本SA・PAグルメアンバサダーのもえのあずき(もえあず)も、ぱくぱく完食しながら「どの新メニューも2020年5月まで期間限定で食べれるから、高速道路のドライブ途中に、ぜひ立ち寄って、食べてみてくださーい!」って絶賛アナウンス中(Twitter動画)↓↓↓

NEXCO東日本SA・PA新メニューは2020年5月まで期間限定販売中!

このNEXCO東日本SA・PA新メニューコンテスト“みちオシ”グルメグランプリは、NEXCO東日本のSA・PA42店舗が、「いまここでしか味わえない地域の食材を使ったメニュー」で自慢の腕を競い合うコンテスト。

12月から各地で予選が行われ、2020年3月にNEXCO東日本エリアの新メニューナンバーワンが決定する。

もえあずが↑↑↑の動画で伝えてるとおり、このコンテストにエントリーした新メニューは、出品したサービスエリア・パーキングエリアで2020年5月まで期間限定で販売されてるから、「やばい! これは食べたい」と思ったら、いますぐ高速道路をドライブ! 料理長渾身の“イマだけ・ココだけ新メニュー”が待つSA・PAへ。

―――いま、高速道路サービスエリア・パーキングエリアの地元イチオシ新メニューが熱々! いま食さないでどうする? ってぐらい「ぴえん」なメニューが待ってるから、高速道路ドライブが決まったら NEXCO東日本SA・PA新メニューコンテスト公式サイトを、まずチェックね!

<NEXCO東日本 新メニューコンテスト>
https://www.driveplaza.com/special/menu/

◆宮城・福島ブロック エントリー運営会社

グリーン・グリーン
西洋フード・コンパスグループ
ナックス
春駒交通
日の丸サンズ
磐梯リゾート開発

◆宮城・福島ブロック審査員:

横須賀真奈美 マンナビーイング 料理研究家
及川眞宏 ホテル佐勘 料理長
飯田菜奈 仙台放送 アナウンサー
柗井綾乃 テレビュー福島 アナウンサー
永田眞人 NEXCO東日本 東北支社 副支社長
濱崎正人 ネクセリア東日本 東北支店 支店長
深美花菜絵 ネクセリア東日本 東北支店 フードツーリズムマイスター

もえのあずき NEXCO東日本SA・PAグルメアンバサダー(ゲスト)

写真 記事:tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです