札幌駅 新幹線のりばを計画変更、線形やホーム位置 改札位置を更新

2020.01.18

北海道新幹線 札幌駅は、新幹線専用改札の位置、新幹線平面線形、ホームの位置、在来線跨線橋の位置について、計画を変更する。

新幹線専用改札位置の計画変更

利用者のわかりやすさを考慮し、新幹線専用改札を1階から3階に変更。在来線改札・新幹線在来線乗り換え改札と同じフロアに集約する。

さらに、再開発ビルと接続することでバス・地下鉄・タクシーとの交通結節機能を確保する。

新幹線平面線形・ホーム位置の計画変更

創成東地区への新幹線東改札位置が容易になることから、新幹線の平面線形を見直し、新幹線下りホームの位置を南側に約1.5m、東側に約25m移動する。

これにあわせて、上下ホームの幅員も変更する。

在来線乗り換え跨線橋位置の計画変更

乗り換え跨線橋と在来線ホーム接続部の通路幅を広くできる構造にするため、乗り換え跨線橋の位置を現計画から約50m西側(在来線ホームの中心側)にする。

これにあわせて東西連絡通路が約50m延長する。

―――こうした変更にあわせ、建設主体の鉄道・運輸機構は、必要な工事実施計画の変更手続きを行う。

図:JR北海道
写真 文:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです