ニコニコのり3月発売新商品「海苔のうつわ」で手づくり弁当を大胆に脱プラ! 国産上質海苔がカップ型に

2020.01.31

自分でつくる弁当にプラスチック製の使い捨て容器(カップ)を使ってる人、いる?

あの使い捨てプラスチック容器から、おいしくサヨナラできる画期的な新商品がニコニコのりから3月に発売される。

商品名「海苔のうつわ」。その名のとおり、あの弁当用使い捨てプラ容器に似たかたちで、素材は上質な海苔でできてる!

この海苔のうつわ、焼のりをそのままカップ型に加工し、いろいろ詰めてそのまま食べられる。

しかも原料は国産上質海苔シリーズ「JAPAN PREMIUM」(ジャパンプレミアム)と同じ重等級原料を使ってるから、カップ型海苔なのに、海苔の深い味と海の香が口いっぱいに広がって……うまい。

で、こんな「海苔のうつわ」を使って、あの料理家・弁当コンサルタント 野上優佳子先生が新メニューを考案。それが……。

ニコニコのり「海苔のうつわ」でつくる「お好み焼き風 茶巾卵」

「海苔のうつわ」の上に、ふわっと玉子がのる「お好み焼き風 茶巾卵」。玉子一個で2個の茶巾(ちゃきん)ができるひと品。

つくりかたは、といた玉子に紅生姜、キャベツを加えてまぜる。油を熱したフライパンにそれを流し入れ、炒り玉子をつくる。

熱いうちに4等ぶんして、「海苔のうつわ」にのせたら、うつわごとラップで包んで茶巾型にする。そのまま常温でおいて、冷めたらラップを外す。

これがまた、醤油をちょっとたらしたりすると、酒の肴にもいい。うまい!

ニコニコのり「海苔のうつわ」でつくる「いもだんごのみたらし風味」

次は「いもだんごのみたらし風味」。北海道の郷土料理を弁当のおかずに、というアイデア。

つくりかたは、ゆでたじゃがいもをつぶし、片栗粉とごまを加えて粉っぽさがなくなるまで、耳たぶのやわらかさになるまで、こねる。

筒状にころころ成形し、4等分に。「海苔のうつわ」にのせて黒ごまをつけてフライパンで両面を焼く。

同じフライパンでみりんと醤油をぐつぐつさせたところへ、このいもだんごにからめて、完成。

「弁当がこうして小分けにされていると、子どもたちも食べやすい。学校から帰ってきて空っぽの弁当箱を渡されるとうれしいですよね」(野上先生)

そんな野上先生の新作メニューには↑↑↑いちばん上の写真のように、おむすびに「海苔のうつわ」を開いて貼り付けるだけで、きれいな花柄の海苔が現れる「花むすび」も紹介。

野上先生によれば、「いま海苔などの海藻類は、ヴィーガン食材としても注目されていて、新スーパーフードとも呼ばれている」と! そんな新スーパーフードを大正時代から手がけるニコニコのりは、3月に4種類の新作を発売する。

画期的な「手巻き酢付のり2切8枚」など4種類!

この春に店に並ぶ、ニコニコのり3月発売の新商品は4つ。この「海苔のうつわ」(300円)をはじめ、手巻き寿司のハードルをグーンと下げる画期的な「手巻き酢付のり2切8枚」(200円)、「海藻スナックのりわかめ」(200円)、「業務用手巻のり2切50枚」(880円)をラインナップ。

とくに衝撃的で画期的な「手巻き酢付のり2切8枚」については、別記事でレポートしてるから、気になる人はチェックしてみて↓↓↓

酢めし要らずで手巻き寿司!
ニコニコのり3月発売新商品に衝撃、
この手があったか!
https://tetsudo-ch.com/10027832.html

こちらの記事もオススメです