熊谷貨物ターミナル駅構内で電気機関車の撮影イベント、3月末実施へ――秩父鉄道

2020.02.14

電気機関車撮影会イメージ

秩父鉄道株式会社は2020年3月28日(土)、3月29日(日)に通常は立ち入ることの出来ない貨物専用駅で電気機関車を撮影するイベントを行います。

開催場所は熊谷貨物ターミナル駅(埼玉県熊谷市)、展示予定機関車は28日(土)が108号(青)・502号(黄)・201号(黒)・504号(ピンク)・505号(緑)、29日(日)が102号(青)・502号(黄)・201号(黒)・504号(ピンク)・505号(緑)。

また当日は石炭輸送用貨車であるオホキ10000形式も展示。20両編成展示のうち1両は旧秩父セメント社仕様に復刻します。

行程・各コース仕様

秩父鉄道武川駅に集合し、専用バスで秩父鉄道熊谷貨物ターミナル駅へ。同駅構内で約60分の撮影会及びグッズ販売を行ったのち、再び専用バスで秩父鉄道武川駅へ戻ります。設定時間は下記の通り。

・1コース:秩父鉄道 武川駅 9:00発→11:20解散
・2コース:秩父鉄道 武川駅11:30発→13:40解散
・3コース:秩父鉄道 武川駅14:00発→16:10解散

募集人員は各コース90名、最少催行人員15名。参加料金は大人(中学生以上)8,000円、小児(3歳以上小学生以下)7,800円。専用バスの運賃と軽食、お茶1本、特典1(※)を含みます。小学生以下のみでの参加はできません。

※……特典「電気機関車(デキ100型)青写真風スペックデザインオリジナルトートバッグ」

特典オリジナルトートバッグイメージ サイズはW48cm×D15cm×H40cm

申込受付期間は2020年2月20日(木)~3月10日(火)、秩父観光興業株式会社にて電話受付を行います。

鉄道チャンネル編集部
写真:秩父鉄道株式会社


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです