越前市 MONET 福井鉄道、3月からオンデマンドバスを試験運行_次世代モビリティサービス開発で連携

2020.02.16

福井県 越前市、MONET Technologies、福井鉄道の3者は、3月の土日に、MONET の配車プラットフォームと多言語対応スマホウェブアプリを活用したオンデマンドバスを試験的に運行させる。

この試験運行で得た知見や実績をもとに、運行形態や有償化などを検討していく。

3者は、次世代モビリティサービス連携協定を2月14日に締結。次世代モビリティサービスを活用した技術開発や実証実験を加速させる。

越前市は、観光振興推進事業の一環で、2023年春の北陸新幹線南越駅(仮称)開業までに実施するべき取り組みを盛り込んだ「越前市観光振興プラン」を策定。

その具体的な取り組みとして、観光客の利便性向上を目的とした、二次交通の充実やインバウンド対策などの検討をすすめている。

画:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです