2021年春、関西線にICOCAエリア拡大 キハ120系車両に車載型IC改札機導入

2020.02.26

JR西日本は26日、関西線の加茂駅から亀山駅間の各駅でICOCAの利用を可能とし、関西線のキハ120系車両に車載型IC改札機を導入すると発表しました。サービス開始時期は2021年春を予定しています。

車載型IC改札機の利用方法(ワンマン昼間運転時のイメージ)

また、2021年春にはICOCAエリアとTOICAエリアを亀山駅でまたがるIC定期券を発売します。ただし交通系ICカードのチャージ額を利用してICOCAエリア・TOICAエリアをまたがって乗車する場合はこれまで同様に自動改札機を利用できないため、あらかじめ全乗車区間のきっぷを購入する必要があります。

鉄道チャンネル編集部
画像:JR西日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです