路面電車が岡山駅前広場へ乗り入れ 3月13日付で特許

2020.03.11

岡山電気軌道の延伸計画の概要図 画像:国土交通省

国交省は岡山電気軌道株式会社による岡山駅前広場乗り入れの軌道事業特許申請について、令和2年3月13日付けで特許すると発表しました。

岡山駅前広場には現在バス・タクシー・一般車が乗り入れていますが、路面電車電停が離れた位置にあったため、市民や来訪者にとっては電停の場所が分かりにくいだけでなく他の交通機関との乗換に時間がかかるといった利便性の低い状況が続いていました。

路面電車を駅前広場まで延伸し、駅前に停留所を新設した場合、JR岡山駅乗換時間はおよそ1分30秒~3分短縮。交差点の横断もなくなるため、安全性の向上につながります。

延伸区間は0.1km、停留場は1カ所新設、1カ所変更。令和2年度に工事に着手し、令和5年度の開業を目標としています。

総事業費は駅前広場整備を除いて約16.2億円の見込みです。インフラ部は約11.1億円で国及び自治体が負担する想定(国負担分は、社会資本整備総合交付金を想定)。インフラ外部は約5.1億円で国、自治体及び事業者による負担を想定しています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです