新型コロナウイルス感染症対策の一環として、公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営する「鉄道博物館」(埼玉県)などの各施設は、2020年3月31日(火)まで臨時休館を延長すると発表しました。

「鉄道博物館」では「全線運転再開記念 常磐線展」を予定していましたが、開始日を4月1日(水)に変更。春休みイベント「てっぱく春フェス2020」に関する全てのイベントは中止となります。

JRE POINT導入&10倍キャンペーンについては導入日を3月16日(月)から4月1日(水)に変更し、3月22日(日)まで実施を予定していた『JRE POINT10倍キャンペーン』を中止します。

ADVERTISEMENT

鉄道博物館で販売する前売券(団体向け)やJRE POINT入館引換券は有効期間を延長して利用可(2月29日および、3月31日まで→4月30日まで)。コンビニエンスストアで販売していたその他前売り券は買い求めた店舗で無手数料にて払戻。

旅行会社が発行する入館券(クーポンなど)の対応は購入した箇所に問い合わせ。てっぱく年間パスポートは臨時休館日数分延長して利用できるようになります。

また、京都鉄道博物館も休館期間を3月31日(火)まで延長します。休館期間中の前売入場券については未使用の場合に限り払戻対応が可能です。手続きは券面などに記載されている発行元まで。なお、同館はFacebookにて様々な情報を配信するほか、ホームページでSLについて学べるコンテンツを公開しています。

【関連記事】
鉄道博物館など臨時休館 コロナ対策で観光列車の運休や鉄道イベントの中止も
https://tetsudo-ch.com/10121303.html

鉄道チャンネル編集部