「自動運転・隊列走行BRT」 JR西とソフトバンクが共同開発 2020年代半ばの技術確立を目指して

2020.03.23

西日本旅客鉄道株式会社とソフトバンク株式会社は23日(月)、自動運転と隊列走行技術を用いたBRT(Bus Rapid Transit:バス高速輸送システム)の開発プロジェクトを開始します。

プロジェクト名称は「みんな(MI-NNA)の自動運転BRT プロジェクト」(MI-NNA:Mobility Innovation – Next Networked Action)。自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ株式会社などの協力のもと、異なる自動運転車両がBRT専用道内で合流して隊列走行などを行う「自動運転・隊列走行BRT」の実現を共同で推進します。

「自動運転・隊列走行BRT」の開発・実証を円滑かつスピーディーに進めるため、JR西日本の敷地内(網干総合車両所宮原支所野洲派出)にテストコースも建設。2020年度に着工を開始し、2021年度以降にテストコースを用いての実証実験を開始する予定です。

今後のスケジュールとして、4月末に「自動運転・隊列走行BRT」の基本仕様を決定し、年度内に車両発注および改造を行い、2020年代半ばを目標に技術確立を目指します。JR西日本は本プロジェクトを通じて2018年3月に発表した「JR西日本技術ビジョン」で掲げている「シンプルでシームレスな交通サービス」や、地域の関係団体などの計画的なまちづくりの取り組みと連携した持続可能な交通サービスの実現を目指します。

鉄道チャンネル編集部
画像:JR西日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです