北陸新幹線 新大阪駅の調査費などに国費12億6000万円

2020.05.03

2020年度の整備新幹線建設推進高度化等事業の事業費は12億6000万円、国費は12億6000万円。新型コロナウイルス感染拡大前に決まった額。

北陸新幹線 敦賀~新大阪の環境影響評価など、整備新幹線工事の円滑な実施、整備方策の検討に必要な調査を行う。

とくに新大阪駅は、リニア中央新幹線や北陸新幹線などとの乗り継ぎ利便性や、結節機能強化や容量制約の解消などを、民間プロジェクトなどと組み事業スキームを検討していく。

北陸新幹線 敦賀~新大阪 約140kmは、途中、小浜市(東小浜)付近、京都駅、京田辺市(松井山手)付近に設置。車両基地も1か所設置する計画。

構造は高架橋・橋梁・地表・堀割・トンネルで構成。最高設計速度は260km/h。

<関連記事>
北陸新幹線 新大阪駅は大深度地下2面4線の可能性
https://tetsudo-ch.com/9917874.html


LINEで送る

オススメ記事