都内の駅にある謎のくるくるの正体、あの会社と局で違う表記

2020.05.07

東京の街には、下にむいた円すい形のうず巻きくるくるドリルがあるの、知ってる?

理髪店によくある“くるくるサインポール”にも見えるけど、円すい形のドリル状なんてないし、理髪店のサインは赤・白・青の3色のはず。

白地に青のくるくるドリル。うず巻きドリルは、下へ下へとむかっているようにみえる。

これ、理髪店ではなく、鉄道の駅にあるというから、不思議でしょ。

誰がなんのために駅に設置してあるか。なにを伝えているのか……!?

どこにあるかというと、都営地下鉄の駅出入口。

これ、「ここに都営地下鉄の駅がありますよ」というサイン。

正式名「くるくるシンボル」。

なぜこんなうず巻きドリルのサインをつくったか。

ネット上には、「石原慎太郎もと東京都知事が『地下鉄の駅を目立たせたい』と言い出し、『それにはただの看板のようなものじゃなく、動いたりした方がいい』とのことでこういう物がつくられた」といった説もある。

ちなみに↓↓↓画像のように、都営地下鉄の英字表記は Toei SUBWAY 。東京メトロは、Tokyo Metro Subway などと表記。社名の Metro と SUBWAY がダブルで表記される。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです