乗継待時間が8時間33分 長くね?【50代から始めた鉄道趣味】289

2020.06.02

※2014年3月撮影

一週間ぶりに蟹田駅に戻ってきました。12:52着。乗継時間が74分もあります。

※2014年3月撮影

初めて駅の外に出ます。9時半過ぎに五稜郭駅で駅そばを食べましたが、そろそろお昼ご飯が食べたい頃です。写真はお昼を食べて散歩した後に戻ってきた時に撮ったので時間が13時45分頃です。

※2014年3月撮影

駅前に「蟹田駅前市場 ウェル蟹」があったので覗いてみました。

※2014年3月撮影

流石、地元産の魚が安い。おばちゃんに訊いたら「今朝あがった魚だから刺身で美味しいよ」とのこと。

※2014年3月撮影

店の奥に小さなコーナーがあって「日替わり定食 650円」とあるじゃないですか。速攻でお願いしました。カレイとツブ貝の煮付け。おばちゃんが朝から作った5食限定。限定数は、日によって異なるそうです。味は少し濃い目でしたが、メッチャ美味しかった。この後、北海道への往復時(青春18きっぷ)、蟹田駅で時間を作って「ウェル蟹」で日替わり定食を食べるコトにしました。時間が遅いと売り切れですが、そーいう時はラーメンがあります。

※2014年3月撮影

食後は、東に150mほどで国道280号線、その向こうは海です。下北半島がキレイに見えました。

※2014年3月撮影

トップ画像は、北側の漁港・フェリー乗り場の港方向、灯台と手前に海鳥がたくさんいました。青森フェリーは、蟹田から対岸の下北半島脇野沢まで1時間で結んでいます。料金は片道1,950円。自転車(850円)からトラック(12mまで29,200円 1人分の旅客運賃含む)まで乗せられます。※この料金は2020年5月現在の数字です

海岸で時間を過ごして、駅にもどりました。先週、来た時にも見た蟹田から先、三厩までの津軽線非電化用キハ40-561、全く同じ場所に同じ車両です。ただし前照灯と尾灯が点灯してます。その時にも書きましたが、キハ40-561は、2019年1月に廃車になっています。

※2014年3月撮影

ここからは、ほとんど写真がありません。14:06発青森行に乗って、青森駅14:59着。15:02の奥羽本線弘前行で弘前に15:26着。流石に疲れが溜まってきたのでケーキを買って食べました。そして急に読み返したくなった村上春樹さんの『羊をめぐる冒険』講談社文庫の上巻を買って、17:28発の奥羽本線秋田行で読みながら20:52秋田着。

ホームに国鉄583系電車が停まっていました。1967年から1972年にかけて434両が製造された交直両用の特急寝台電車です。写真の2014年3月当時、秋田車両センターに1編成だけ残っていたものでしょうか。いずれにしても、2017年(平成29年)に廃車になりました。

※2014年3月撮影

52分の乗継時間の間に、適当に酒とつまみなど買いましたが、何故かコンビニでもキオスクでも弁当類が全て売り切れでした。

20:57発、奥羽本線横手行に乗りましたがロングシート車両でお疲れビールができません。連結部の運転台付近のスペースを拝借して一献しました。ロングシートはガラガラ、ほとんど座っていません。でも、食事はおにぎり。

※2014年3月撮影

22:04、横手駅に到着。駅からすぐのホテルに投宿。明日はようやく江戸に帰参します。出発して9日目です。荷物の大半が洗濯物です。(笑)

本日は、522.1km移動、9時間47分乗車しました。乗継待時間が長かった、何と8時間33分。これに疲れました。

(写真・文/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです