全米No.1大人気スムージー専門店「Jamba」日本初上陸 その国内メニューが決定! 全米人気ランクTOP6が登場

2020.05.26

合成着色料、合成香料、人工甘味料、果糖ブドウ糖液糖などをいっさい使わず、注文を受けてからその場でつくる、全米No.1大人気スムージー専門店「Jamba」が、日本に初上陸する。

その第一号店が、東京・渋谷 宮下公園跡地「MIYASHITA PARK」に、いよいよ6月18日、「Jamba MIYASHITA PARK」がオープン!
https://www.jamba.jp/
https://www.instagram.com/jambajapan/

3週間後の国内初オープンを前に、国内メニューが決定。

渋谷で体感できる全米No.1大人気スムージー専門店のメニューは、全米人気ランキングトップ6に入る6品。

そのラインナップがこれ↓↓↓

人気NO.1:mango-a-go-go マンゴー・ア・ゴーゴー

人気NO.2:strawberries wild ストロベリーズワイルド

人気NO.3:caribbean passion カリビアンパッション

人気NO.4:apple ‘n greens アップルグリーンズ

人気NO.5:protein berry workout with soy protein ソイプロティン・ベリーワークアウト

人気NO.6:pb & banana protein ピービー・バナナプロテイン

価格は500~670円。サイズはS・M・Lの3種類。
 
 
大人気スムージー専門店「Jamba」は、1990年にカリフォルニアで創業したアメリカでナンバーワンのスムージー・ジュース専門店。

オープン後、初の週末は2600人を超えるスムージー好きが来店し、「Jamba のある生活」を体感。

その後はまたたく間にアメリカ全土に知れわたり、海を超えてハワイまでその人気が波及。

ハワイのローカルたちにも定着し、「Jamba」に毎日通う観光客まで現れるほど人気に。

この「Jamba」人気は全米にとどまらず、2010年に初の海外店舗となる韓国1号店を出店。

現在では、フィリピン、台湾、タイ、インドネシアにも進出。全世界875店で展開するまでに成長した。

今回のオープンは、2020年に出店する常設店に先駆け、「Jamba」をいち早く体験したいという人にむけた期間限定スポット。

Jamba 日本初上陸を手がけたのは、ADASTRIA eat Creations(アダストリアグループ)。

新鮮スムージーで、コロナにも負けない!

いよいよ日本に初上陸する、全米No.1大人気スムージー専門店「Jamba」。

世界じゅうが新型コロナウイルス感染と戦うなか、Jambaアメリカ店舗では、その最前線で戦う医療関連従業者、食料品店の従業員、警察官、トラックの運転手などに敬意と感謝の意を表す #Whirl’d Of Good Campaign (ワールドオブグッドキャンペーン)を展開。

人々の生活を支えるヒーローに「ありがとう」を伝え、上限人数を決めず可能な限り多くのスムージーをサプライズで配達している。

「Jamba は、これからも元気が欲しいとき、気分を切り替えたいとき、家族と過ごすとき、手軽にフルーツをとりたいときなど、さまざまな生活にフィットするブランドとして、どんな時でも『Jambaのある生活』を届けていきます」(Jamba)

――― 日本初上陸「Jamba MIYASHITA PARK」は、東京・渋谷 宮下公園跡地「MIYASHITA PARK」に6月18日、いよいよオープン。

こちらの記事もオススメです