駅弁もウェブで予約する時代に? 東海道新幹線で7月から開始、14日まではちょっとしたおまけも

2020.06.11

JR東海と株式会社JR東海パッセンジャーズは、7月1日(水)12時から東海道新幹線の駅弁WEB予約サービスを開始。7月4日(土)ご利用分から承る。

利用手順は次の通りだ。まずJR東海のオンラインショップ「いいもの探訪」の駅弁予約ページにアクセスし、利用3日前までに受け取り店舗を指定、クレジットカード決済で好きな弁当を予約・購入する。利用当日は対象店舗で注文確認メールか「いいもの探訪」のマイページを提示すれば駅弁が受け取れる。

画像:JR東海

対象商品は株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズが製造した駅弁に限られる。受け取り対象店舗は東海道新幹線名古屋駅改札外1店舗、ホーム上2店舗、東京駅改札外1店舗、ホーム上6店舗から選ぶことができる。

駅弁WEB予約サービス受け取り対象店舗 画像:JR東海

また7月1日(水)~7月14日(火)の期間中に同サービスで駅弁を購入すると、駅弁1個につき「旅茶房 静岡茶 500ml(お茶)」または「Mont Fuji 500ml(水)」を1本プレゼントするキャンペーンも展開。本サービス開始と同時に7月デビュー予定の新型車両N700Sと富士山をあしらった新駅弁「東海道新幹線 富士山弁當」も発売する。価格は1,380円(税込)。東海道新幹線の主要駅およびリニア・鉄道館(土日祝のみ)で購入できる。

「東海道新幹線 富士山弁當」イメージ 画像:JR東海

雪化粧をした富士山をかたどった盛り付けが美しく、愛知県産の釜揚げしらすなど東海道新幹線沿線の食材が食欲をそそる。パッケージや箸袋に描かれているのはもちろん、N700Sだ。インスタ映えする……かどうかは分からないが、駅弁マニアなら押さえておくべき一品だろう。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです