「スイッチオン!豊肥本線全線開通プロジェクト」キャンペーン始動 お得なきっぷや『ワンピース』コラボなど

2020.07.02

画像:JR九州

平成28年度熊本地震により不通となった豊肥本線が、8月8日(土)に全線開通を果たし、熊本市内から阿蘇エリア及び大分県との鉄路が結ばれることになった。

これを記念し、JR九州は2020年7月から2021年1月11日(月・祝)まで、「スイッチオン!豊肥本線プロジェクト」と題したキャンペーンを開催し、熊本地震からの復興を盛り上げていく。名称の「スイッチオン!」には、熊本地震からの切替え、前向きや明るさ、豊肥本線(立野駅~赤水駅間)のスイッチバックなどの意図が込められているという。

キャンペーン特設WEBサイトではスペシャルムービーやパンフレット、特別きっぷの情報など、キャンペーンに関する最新情報を随時更新していく。

キャンペーン期間中は特急「九州横断特急」「あそ」にキャンペーンオリジナルロゴのヘッドマークを掲出。豊肥本線全線開通を記念し、様々なD&S列車が豊肥本線を特別運行するという。

8月8日(土)には全線開通を祝し、熊本駅で9時9分発の特急「あそぼーい!」の出発式を開催。大人3,000円で熊本~大分・別府の特急列車の普通車自由席や普通列車に1日乗り降り自由な「スイッチオン!豊肥本線フリーパス」や、阿蘇エリアのフリー区間がセットになった往復きっぷ「スイッチオン!阿蘇のんびりきっぷ」などを発売する。阿蘇・竹田エリアの観光名所と名物グルメを楽しめる周遊バスやタクシー観光プランも用意する。

また「ONE PIECE 熊本復興プロジェクト」とのコラボ企画として、「麦わらの一味」たちとともに復興する熊本の元気な姿を全国に発信していく。その他にも阿蘇駅ホームにあるレストラン「火星」が8月8日から3日間限定で「ななつ星のお店」となり、「ななつ星 in 九州」車内限定販売ワインやNゲージ鉄道模型8両セット、くまモンキーリングななつ星チャーム付などのグッズを販売する。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです