荷物電車イメージのラッピングポストも 内房線江見駅で郵便局と駅窓口業務を一体運営 8月31日開始

2020.07.09

局舎イメージ図

日本郵便とJR東日本は、2018年6月12日に締結した「日本郵便とJR東日本の地域・社会の活性化に関する協定」に基づき、本年8月31日(月)、「郵便局と駅の機能連携」として内房線江見駅(千葉県鴨川市)で郵便局における駅窓口業務の一体的な運営を開始する。

千葉県鴨川市の江見郵便局を江見駅の敷地内に新築された郵便局舎に移転。同局で駅窓口業務を取り扱う。なお、郵便局名は「江見駅郵便局」に改称される。

郵便局前にはかつて郵便物を運送していた郵便・荷物電車をイメージしたラッピングポストを設置。

今回の開業を機に風景入日付印の押印サービスを実施するほか、JR東日本千葉支社のマスコットキャラクターである駅長犬と日本郵便のキャラクターであるぽすくまをデザインした、オリジナルの小型記念日付印の押印サービスも実施する。詳細は日本郵便Webサイトで別途告知されるという。

鉄道チャンネル編集部
画像:JR東日本


LINEで送る

オススメ記事