踏切用逸脱防止ストッパをJR東海313系に搭載、2024年度までに183両に導入

2020.07.15

JR東海 在来線車両313系に、踏切用逸脱防止ストッパを搭載する。

踏切用逸脱防止ストッパは、踏切で障害物と衝突し脱線したさい、車輪の外側の軸箱に設置した踏切用逸脱防止ストッパがレールにかかり、対向する線路側逸脱をおさえ、対向列車との衝突を防止する。

2020年度以降、2024年度までに、183両に順次導入。工事費は5.6億円。


LINEで送る

オススメ記事