東京6:48発 1824E → 熊谷8:08発 2820Y きょう7/16のE233系グリーン車

2020.07.16

あさ5時過ぎの電車に乗って、東京6:48発 1824E 籠原行き E233系10両。高崎までのSuicaグリーン券を仕込んで5号車グリーン車へ。

東京を出て赤羽まで、2階席はうちの人と2人だけ。赤羽で湘南新宿ラインからのグリーン車乗り継ぎ客と思しき出勤客が4人。座るとすぐに全員がパソコンを開ける。

こちらもきのうの海上作業の整理。7時半までにはファイルをセットしておきたいってかたかた。

大宮で2人乗る。上尾でひとり降りる。上尾にも自動車メーカーなどが集まるエリアがあって、出勤客の姿いろいろ。

上り電車は乗車率150%といえる混雑。各駅とも上下のりばに高校生などの通学客がいっぱいの時間に。

この電車は、籠原止まり。後続の高崎行きに乗る人は、ひとつ手前の熊谷で乗り換えれば同一ホームで乗り継げると、車内アナウンス。

熊谷で3分うしろを追っかけるE233系15両 熊谷8:08発 高崎行き 2820Y 4号車グリーン車に乗り継ぐ。

次の籠原で前5両、11〜15号車を切り離す。4分とまる。とアナウンス。しかも車掌の声が同じ。籠原で継投したかも。

後続 高崎行き グリーン車の4号車2階席は、先行 1824E よりも混んでて、新町で複数が降りる。自衛隊や製造工場が点在し、意外と仕事客が降りる。

新幹線も高崎線も、次の仕事場へ行く電車が同じってことで、グリーン車を乗り継いで高崎。高崎機関区には EF65 501 や EH200 1 といった一番機がいた。

ここから211系。天気と電池が心配。しかも山間の現場で昼に別件のオンライン会議……。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです