289系に明智光秀ら北近畿モチーフのラッピング 8月運行開始 JR西日本

2020.07.28

ラッピングイメージ 画像:JR西日本

北近畿は明智光秀ゆかりの地。

NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』の人気もあり、様々なキャンペーンが行われています。最近だと、京都府福知山市の「光秀から『謀反の大切なお知らせ』が届く」PRが話題になりましたね。現在もクラウドファンディングで【本能寺の変お知らせハガキ】の次なる展開に向けてサポーターを募集しています(8月31日まで)。

それはさておき。JR西日本はこのほど、289系1編成(4両)に北近畿モチーフのラッピングを施し、8月8日(土)から運行を開始すると発表しました。

車両には明智光秀をはじめとした北近畿エリア沿線のゆかりの地・ゆかりの人物をモチーフとした金屏風風のオリジナルラッピングを施し、新大阪駅~城崎温泉駅間を走る特急「こうのとり」や、京都駅~城崎温泉駅間を走る特急「きのさき」、京都駅~天橋立駅間を走る特急「はしだて」として運行します。

8月8日の「こうのとり10号」福知山駅発車時、柏原駅発車時には、沿線の光秀ゆかりの地をPRする団体によるお見送りも予定されています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです