「A列車で行こう」「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」が夢のコラボ 炭都大牟田の近代化産業遺産を巡る旅 JR九州×西鉄

2020.07.29

THE RAIL KITCHEN CHIKUGO

JR九州と西鉄、大牟田市が協力し、両社の観光列車「A列車で行こう」と「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」をコラボさせた特別な大牟田日帰りツアーを実施する。

出発日は2020年9月10日(木)、募集人員は104名。西鉄福岡(天神)駅発のAコース、JR九州博多駅発のBコースでそれぞれ52名ずつ募集する。支払金額は18,900円でこども料金の設定はない。

※本ツアーはGo Toトラベル事業支援対象のため、旅行代金25,900円から支援金7,000円を差し引いた18,900円が支払い金額となる。東京都居住の方は支援金適用前の旅行金額が適用される(7月29日時点)。

Aコース、Bコースともに「A列車で行こう」「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」に乗車できるが、どちらの列車に先に乗車するかで昼食・夕食を提供する列車が異なる。たとえばAコースなら往路の昼食は「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の車内でいただき、復路は「A列車で行こう」の車内で特製弁当が提供されるが、Bコースはこれが逆転する。

「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」料理イメージ

市内観光では三池炭鉱の歴史資料や炭鉱現場の再現模型が展示された石炭産業科学館の見学、2020年5月7日をもって廃止された三井化学専用線の電気機関車及び車庫の特別見学、2015年にユネスコ世界文化遺産に登録された宮原坑(国指定重要文化財)の見学などが予定されている。

石炭産業科学館
三井化学専用線

発売は2020年7月29日(水)9時15分から。クラブツーリズム(株)九州旅行センターで申し込みを受け付けている。各コース詳細はクラブツーリズムHPに掲載されている。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです