きのくに線 紀伊田辺~新宮間に227系導入 車載型IC改札機も搭載 和歌山県全域でICOCA利用可能に 2021年春

2020.08.27

227系イメージ(和歌山線)

JR西日本和歌山支社は8月27日(木)、2021年春ごろ「きのくに線」の紀伊田辺駅~新宮駅間に新型車両227系を導入し、同区間の普通列車を227系車両(2両編成)に統一すると発表しました。

「きのくに線」は紀勢本線 新宮駅~和歌山駅間の愛称。紀伊田辺駅~新宮駅間では現在105系が運用に就いていますが、来春の227系の導入により置き換えられる見込みです。

227系に車載型IC改札機を搭載することで、和歌山県全域へICOCAエリアが拡大。きのくに線紀伊田辺駅~新宮駅間の新たな21駅でICOCA、ICOCA定期券が利用出来るようになります。

画像:JR西日本

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです