武蔵野三大湧水池 井の頭公園しか行ってません【駅ぶら04】西武池袋線027

2020.10.04

※2020年6月撮影

トップ画像は、石神井公園駅ホームの駅名標。光線が反射して読み難いのですが、背景が石神井公園駅の典型的な雰囲気(明るくて整然としている)なのであえてトップに持ってきました。

石神井公園駅は「西武線沿線のイメージを形成していく上でのシンボルプロジェクト」なんだそうです。たしかに駅は明るくデザインはシンプルで開放的です。いささか陰翳に欠けていると文句のひとつも言ってみたくなります。(笑)

炎暑の夏日でなければ駅の南にある石神井池、三宝寺池のある広い石神井公園を散歩したかったのですが。

筆者は子供の頃から吉祥寺の井の頭公園・池では散々遊んできました。しかし、武蔵野三大湧水池の残る2つ、石神井公園と善福寺公園には行ったことがないのです。東京の西側で育っても、案外そんなモノです。井の頭公園で花見も散歩も水遊びも充分だったんですね。昔はプールもありましたし。ちなみに初デートも井の頭公園です。(笑)

北口バスロータリーの東側を進みます。夕方近くなってきましたが暑さは半端ないです。

※2020年8月撮影

高架下ピロティー、正面が中央改札口。背後には「Emio」”East”があります。涼みに入ろうかと思いました。 J!NSでメガネのフレームがみたかったし。でも日が暮れては洒落になりませんから汗を拭いて前進します。

※2020年8月撮影

正面には「Emio」”South”があります。ABCマートでスニーカーを探したいけど我慢します。筆者はふだん不便な三浦半島に住んでいるので・・・ついつい寄ってみたくなってしまいます。

※2020年8月撮影

南口バスロータリー側から石神井公園橋上駅舎を見ます。

※2020年8月撮影

道路を渡って正面に正対。大きな樹が良いですね。何だかCDのジャケット風に青年が横断歩道を渡っています。

※2020年8月撮影

そのまま西側の商店街の方に歩いて行きます。しかし西日がキツくなってきました。

※2020年8月撮影

商店街、少し入ってみましたが、チェーン店が多く、整然と平和で便利という雰囲気が150mほど続いていました。筆者の好きなディープな妖しさはありません。モダンな生活感の見本という感じです。

※2020年8月撮影

17時をまわりました。ラッシュが始まってしまいますね。

※2020年8月撮影

この日は、朝、西所沢駅から西武球場前駅まで前面展望を撮って西武球場前駅を軽く【駅ぶら】、山口線で西武遊園地駅まで前面展望。そして下山口駅、清瀬駅、東久留米駅、ひばりヶ丘駅、保谷駅、大泉学園駅の【駅ぶら】を撮って最後に石神井公園駅でしたから炎天下をウロウロして流石に少々草臥れています。

ドトールでアイス珈琲のラージを飲んで身体を冷やしました。

※2020年8月撮影

明日は大泉学園駅に向かいます。元気だして行きましょう。

【駅ぶら04】西武池袋線028 に続きます。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事