京成は最終列車・始発を時刻変更、京急は最終を繰り上げ列車増発_2021年春

2020.11.27

都営地下鉄 浅草線を介して線路がつながっている京成線と京急線。

その2社が、2021年春から最終列車や始発列車の時間を変更する。

深夜帯のメンテナンス作業時間確保や鉄道係員の労働環境改善、コロナ禍での早朝深夜利用減などの観点から。

京成電鉄は、京成本線の一部区間で最終列車と始発列車の時刻を変更。最終列車の時刻を10~20分程度繰り上げ、始発列車時刻を5~10分程度繰り下げる。

最終列車が繰り上がる区間は、京成高砂~京成成田の下り線。京成高砂~京成津田沼が10分繰り上げ、京成津田沼~京成佐倉が15~20分繰り上げ、京成佐倉~京成成田が15分繰り上げる。

始発列車が繰り下がる区間は、宗吾参道→京成上野の上り線。宗吾参道→京成津田沼が5分繰り下げ、京成津田沼→京成高砂が15分繰り下げ、京成高砂→青砥が5分繰り下げ、青砥→京成上野が10分繰り下げる。

いっぽう京急電鉄は、大師線をのぞく京急各線で最終列車のみ15~30分繰り上げる。

品川駅から最終 三浦海岸行きは18分繰り上げ、23:14発に、最終 京急久里浜行きは30分繰り上げ、23:32発に、最終 金沢文庫行きは21分繰り上げ、24:02発に。最終 三崎口行きは現行どおり。

また、この最終列車繰り上げにあわせ、混雑緩和にむけて平日下り方面・終列車前の列車を増発する。

増発列車は、特急 泉岳寺→神奈川新町、エアポート急行 京急蒲田→神奈川新町。

京急は今回の最終列車繰り上げで、終列車後の線路や電気の保守作業やホームドア設置など安全対策工事を行う時間が30分拡大する見込み。

作業員の負担を軽減し、夜間に行う保守作業のさらなる効率化を図る。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです