三菱商事がミャンマー国鉄むけ新型車両246両を受注、所要時間を大幅短縮

2020.12.08

ミャンマー国鉄は、ミャンマーヤンゴン環状線むけ新型車両 66両(YCRプロジェクト)、ヤンゴン・マンダレー幹線鉄道むけ新型車両 180両(YMプロジェクト)を三菱商事に発注。ミャンマー国鉄と三菱商事の間で、両プロジェクトの契約を締結した。

YCRプロジェクトに三菱商事が納入する車両は、ミャンマー最大の商業都市ヤンゴン市中心部の約46kmの環状線を走り、計画では環状線一周の走行時間が約170分要しているところを約110分に短縮する見込み。日本政府の円借款供与が決定している“ヤンゴン環状鉄道改修計画”のパッケージの一部。

YMプロジェクトに、三菱商事が納入する車両は、ヤンゴンから首都ネピドーを通り、第二の商業都市マンダレーへむかうまでの約620Kmを結ぶミャンマーの大規模幹線を走り、計画では現在約15時間要しているところを約8時間程度に大幅短縮する見込み。ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業のパッケージの一部。

両プロジェクトの契約総額は約690億円。日本政府とミャンマー政府の間で締結された円借款契約により手当てる。

供給する車両は、スペイン最大手の鉄道車両メーカーである Construcciones y Auxiliar de Ferrocarriles, S.A.(CAF社)が日本製の機器類を採用して製造するもので、2023年から2025年にかけて順次納入していく。

三菱商事は、世界各国で培ってきた鉄道事業のノウハウを活用することで、ミャンマーでの交通インフラの整備に寄与。人々の移動における利便性向上を通じ、急速に経済発展をすすめているミャンマーに貢献していく。

また、日本政府が推進する質の高いインフラシステム輸出を後押しし、鉄道インフラ案件に積極的に取組むことで、地域の利便性向上や、渋滞などの地域課題への対応と解決策を提供していく。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです