東海道新幹線、夜間「のぞみ」4本速達化、広島・福山から朝9時台東京着など 2021年春ダイヤ改正

2020.12.18

JR東海は2021年3月のダイヤ改正で、定期「のぞみ」の速達化や、山陽エリアからの首都圏滞在可能時間拡大、東京20時~21時台発の下り「こだま」運転間隔変更などを実施する。

定期「のぞみ」速達化

所要時間を短縮する「のぞみ」の運転時刻(一部停車駅抜粋) 画像:JR東海

東京を20時~21時台に発車する下り「のぞみ」3本、東京21時台着の上り「のぞみ」1本の所要時間を東京~新大阪間で3分短縮、2時間27分で運転する。現行ダイヤの東京20:33発臨時「ひかり」はこれに伴い20:30発に変更。

また東京~新大阪間を2時間27分で運転する定期「のぞみ」を11本増やす。定期列車の運転本数は変更せず、定期・臨時の設定を変更することで対応した。

これらの変更により、東京~新大阪間定期「のぞみ」の半数にあたる79本が2時間27分以内で運転されることになる。

山陽エリアからの首都圏滞在時間拡大

「のぞみ」88号運転時刻(一部停車駅を抜粋) 画像:JR東海

「のぞみ」88号の運転時刻を変更し、東京9:57分着とする。従来の10:03着と比較して所要時間にしておよそ3分の短縮、到着時間は6分早まり、広島・福山からの始発で朝9時台に東京へ到着できるように。

岡山・西明石行きの最終「のぞみ」113号と姫路・新神戸行きの最終「のぞみ」115号は、東京駅発車時刻をを3分繰り下げる。

「のぞみ」113号・115号運転時刻(一部停車駅を抜粋) 画像:JR東海

また山陽新幹線に直通する臨時「のぞみ」を11本増やし、1時間あたり最大6本運転可能な時間帯を拡大する。下り東京発9~13時台の5時間帯、上り東京着13~17時台・22時台の6時間帯で実施する。

夜間下り「こだま」の運転間隔を変更

画像:JR東海

「こだま」807号の東京駅発車時刻を6分繰り上げ、20時51分発に変更することで、20~21時台東京発の下り「こだま」運転間隔を調整する。

東京発基準で比べると、従来は「こだま」757号と807号の間が30分、807号と809号の間が18分、809号と811号の間が30分とばらついていた。これを24分、24分、30分間隔とする。

これらの変更は「のぞみ12本ダイヤ」をベースに実施される。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです