山陽線 快速サンライナー シティライナー大幅削減、芸備線 快速みよしライナーや山陰線 快速 普通列車も削減へ_3/13から

2020.12.20

岡山と総社を結ぶ吉備線(桃太郎線)は、2021年3月13日からパターンダイヤ化。

桃太郎線の昼間、夕通勤・通学時間帯で岡山駅の発車時刻と到着時刻を統一し、分かりやすく利用しやすいダイヤに見直す。

14~19時の間、岡山発 備中高松・総社方面は、毎時22分・52分発に。岡山着は毎時5分・35分に。

土休日の快速サンライナーを大幅削減

山陽線 岡山~福山 を結ぶ快速列車 サンライナー。その土休日運用の運転本数を大幅削減。

土休日快速サンライナーは岡山~福山で現行上下16本走っているところを、2021年3月13日から上下3本まで減らす。

土休日の快速シティライナーを大幅削減

山陽線 岡山~広島~徳山を結ぶ土休日快速列車シティライナーも大幅削減。

西条~広島は現行下り2本が走るところを、2021年3月13日から下り1本に。

広島~岩国は現行上下40本が走るところを、2021年3月13日から上下8本にまで減らす。

芸備線 快速みよしライナーも削減

芸備線 広島~三次 を結ぶ快速列車みよしライナーも削減へ。

広島~三次を行く快速みよしライナーは、平日が現行、広島発4本・三次発4本のところを、2021年3月13日から広島発2本(10:05発、16:05発)・三次発2本(8:11発、10:30発)に。

土休日は現行、広島発5本・三次発6本、2021年3月13日から広島発4本(10:05発、16:05発、17:05発、18:05発)・三次発4本(8:11発、10:30発、12:12発、16:09発)に。

山陰線 倉吉 米子 出雲 浜田 エリアで一部運転区間延長

山陰線は、2021年3月13日から一部列車の運転区間を延長する。

出雲市⇒益田方面は、出雲市19:07発、仁万行きの普通列車を、益田まで延長運転。

益田⇒出雲市方面は、益田18:21発、江津行きの普通列車を、出雲市まで延長運転。

平日 鳥取21:41発、倉吉行きの普通列車を、米子まで延長運転。

土休日 鳥取21:01発、倉吉行きの普通列車を、米子まで延長運転。

山陰線の快速・普通列車も大幅削減

いっぽうで、山陰線の利用が少ない列車を削減する。2021年3月13日から運転を取りやめる列車は下記のとおり。

浜坂20:42発(快速)鳥取21:28着

鳥取19:46発(普通)浜坂20:30着

鳥取22:48発(快速)浜坂23:30着 *平日

倉吉8:44発(普通)鳥取10:06着 *土休日

倉吉22:11発(普通)米子23:20着

倉吉23:00発(普通)米子0:15着

米子20:45発(普通)倉吉22:00着

出雲市21:07発(快速)浜田22:44着

浜田20:21発(快速)出雲市21:50着


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです