小田急電鉄、登戸駅1・2番ホームにQRコード利用のホームドア設置へ

2021.01.07

イメージ図はいずれも株式会社デンソーウェーブのカタログから

小田急電鉄株式会社は7日、小田急小田原線登戸駅にホームドアを設置し、3月上旬から1・2番ホームで使用を開始すると発表した。

1月9日(土)、16日(土)それぞれ最終列車運行後に2番・1番ホームへ据え付け、各種動作確認を経て3月からの使用に臨む。3・4番ホームには3月下旬に据え付け、5月頃からの使用開始を目指す。

据え付けから使用開始までの間はホームドアが開扉した状態となるため、警備態勢を整え、ホームや電車内での注意喚起アナウンスを行うことで案内を強化するという。

登戸駅に導入するホームドアから、新型QRコード(tQR)による「ホームドア自動開閉制御システム」を採用。列車の扉ガラス部分にtQRを貼り付け、これをホーム上家に設置する専用固定カメラで読み取ることで、車掌の列車扉操作にホームドアも連動する。同様のシステムは都営地下鉄浅草線などで採用されている。

同社は「小田急電鉄は日本一安全な鉄道を目指します」という基本理念のもと、様々な安全対策に取り組む。今後も1日の利用者数10万人以上の駅を優先としたホームドア設置について、国や自治体と連携しながら進める。登戸駅のホームドア導入には国、神奈川県、川崎市の補助を受ける。

【参考】
5000形は4編成追加増備、ロマンスカーミュージアムは2021年春開業予定 小田急電鉄の2020年度鉄道事業設備投資計画
https://tetsudo-ch.com/10585527.html

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです