【日報】堀井雄二ミステリー三部作【20210130】

2021.01.30

写真:kiki / PIXTA

明日から京阪3000系プレミアムカーが営業運転を開始、ということで西へ行きたいんですけどもこの時期に東京から向かうのは憚られます。緊急事態宣言も1ヶ月延長で3月までになりそうな見込みで、GoToも停止で身動きが取れないのは困りものです。

2021年1月30日(土)は「流氷物語号」の運行開始日でした。出発式などの詳細はこちらの記事を見ていただくとして、今年はレトロゲーム『オホーツクに消ゆ』とのコラボ企画を行っています。運行期間は2月28日まで、毎日1日2往復運行予定。車内では網走市観光ボランティアによる沿線案内・グッズなどの車内販売が行われています。JR北海道によれば2月21日(日)網走駅で「オホーツク流氷の日」イベント、2月28日(日)も同駅で「流氷物語号最終運転お見送りイベント」を行うそう。

『オホーツクに消ゆ』はドラクエの生みの親である堀井雄二氏がシナリオを手掛けたゲームで、『ポートピア連続殺人事件』『軽井沢誘拐案内』とあわせて『堀井雄二ミステリー三部作』と呼ばれています。『軽井沢誘拐案内』のみPC版のみの発売で、他はFCへ移植されました(携帯版アプリ版などもありました)。『ポートピア』は犯人の名前が誰でも知っているレベルで有名ですが、実際にゲームに触れた人はどれだけいるのでしょうか。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです