【日報】東北新幹線の現在、秩父では渋沢栄一号が走った日【20210214】

2021.02.14

東北新幹線全線復旧には10日前後ほどかかる見込みです

2021年2月14日、先日の福島県沖地震の影響で東北を中心に新幹線が運転を見合わせ(JR東日本の在来線は15日から全線で運転再開)、東北新幹線の全線再開までにはおおむね10日前後かかる見込みで、それまではバス事業者や航空事業者と連携したり、常磐線・羽越本線で臨時列車を運行するとのこと。かつて東日本大震災で不通となった常磐線が昨年3月に全線復旧し、この度の地震では東北新幹線をサポートする立場に回ります。なお、今回の地震に関して、気象庁は10年前の東日本大震災の余震との見解を示しています。

東北から少し南へ、北関東へと目を向ければ、秩父鉄道が渋沢栄一生誕181周年を記念し「渋沢栄一号」を運行。SL車内特別講義「渋沢栄一と秩父鉄道」などのイベントも行われたようです。大河ドラマ「蒼天を衝け」の主人公は日本資本主義の父にして鉄道の父。今年の大河ドラマでもラッピング列車が走ったりしましたが、次は様々な鉄道ネタが出てきそうですね。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです