京福電気鉄道嵐山線 開業111周年 記念硬券 2種類、3/25から嵐電北野白梅町駅と嵐電嵐山駅で発売

2021.03.23

嵐山電車軌道が京都(現四条大宮)~嵐山に軌道線を1910年に開業し、ことしで111年をむかえる京福電気鉄道嵐山線(嵐電)。

嵐電は、3月25日に開業111周年をむかえるのにあわせ、同日から「嵐電開業111周年記念硬券」を発売。

「嵐電開業111周年記念硬券」は、2種類ある。「111ナンバープレートVer.」は嵐電北野白梅町駅窓口で、「111号車写真Ver.」嵐電嵐山駅インフォメーションで販売する。

販売開始時間は、3月25日11時1分から。3月26日以降は9時00分から駅窓口営業時間帯で販売する。価格はそれぞれ1セット500円。記念硬券は記念グッズで、乗車券としては使えない。

嵐電×不二家コラボ「あらん&ペコちゃん」ラッピング電車は運行継続

また、同じく2020年に110周年をむかえた不二家とコラボし運行している「あらん&ペコちゃん」ラッピング電車を、111周年記念電車として引き続き運行する。

「あらん&ペコちゃん」ラッピング電車は、嵐電のマスコットキャラクター「あらん」と、不二家のマスコットキャラクター「ペコちゃん」を車内外にラッピングでデザインしたコラボ電車。

今回、当初の運行予定期間を1年延長し、「111周年ラッピング電車」として2022年3月24日まで運行する。基本的なデザインは同じくし、ヘッドマークのデザインを変更する。

京福電気鉄道嵐山線は、嵐山本線 四条大宮~嵐山 と北野線 帷子ノ辻~北野白梅町 の総称。

「嵐電」は嵐山本線を敷設した「嵐山電車軌道」「嵐山電車」(らんざんでんしゃ)に由来する呼び名で、同社はこれを公式愛称として使用している。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです