京王5000系新造車両に「日本初」リクライニングするロング/クロス転換座席 2022年下期導入

2021.04.14

京王5000系車両とリクライニング座席のイメージ(画像:京王電鉄)

京王電鉄は4月14日、5000系車両を新たに10両(1編成)新造し、2022年下期に導入すると発表した。

5000系新造車両には、日本初となるリクライニング機能付きロング/クロスシート転換座席を搭載。座席指定列車やイベント列車など、クロスシートで運用する際に快適な移動時間を提供し、座席指定列車のサービス拡充を図る。

リクライニングのイメージ(画像:京王電鉄)

車両製作は総合車両製作所、座席はコイト電工が担当した。後者はこれまで京王線、井の頭線車両の車外表示器、LED室内灯など電気機器の製作を行っている。

京王5000系は、同社としては16年ぶりの新型車両として2017年9月にデビュー。2018年2月から有料の座席指定列車「京王ライナー」として運行を開始した。座席指定列車時は全座席でコンセントが使用できるほか、無料公衆無線LANや空気清浄機、車上蓄電池システムなど、同社初となる装備を多数搭載している。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです