HUAWEI FreeBuds 4 イヤホン7/30発売! 開放型で高性能ノイズキャンセリングを搭載、さらに高音質な領域へ

2021.07.28

開放型(オープン型)とカナル型で大きく別れて各社が開発するイヤホンの世界。

ファーウェイ・ジャパンは、開放型(オープン型)ワイヤレスイヤホンの最新モデルを7月30日に発売する。

開放型でハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤホン―――『HUAWEI FreeBuds 4』。

市場想定価格1万8,480円というクラスの最新モデルはどんな音楽再生力と機能性があるか、実機に触れて試してみた。

お気に入り音楽にさらに没入できる! ノイズキャンセリングが進化

HUAWEI FreeBuds 4 の最大の進化は、ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング機能。

フィードフォワードマイクと、フィードバックマイクを組み合わせたハイブリッド式アクティブノイズキャンセリングで、ノイズ低減値が最大15dBから25dBへと進化し、周囲の音がスーッと消えてさらに音楽に没入できた。

さらにフィット感も進化。自社開発アダプティブ・イヤー・マッチングテクノロジーで、ユーザーの耳の形や装着状態を自動的に検出し、最適なノイズキャンセリングを選択、効果的に低周波音を低減してくれる。

スワイプで音量調整OKに、さらに軽量・コンパクトに

音質もさらによくなった。LCP振動板や高感度14.3mmダイナミックドライバーのおかげか高周波帯域の音の再現が広くなり、低音を増強するパワーエンジンで、迫力ある重低音も届けてくれる。

また4.1gと軽くなって長時間つけていても疲れにくくなったのも進化のひとつ。

操作性も進化。ダブルタップで電話に応答・終了、音楽再生・一時停止、長押しでノイズキャンセリングのON/OFF切り替えできるのに加え、今回はスワイプで音量が調整できるようになった。

充電ケースは、厚さ約21.2mm、重さ約38gと、従来モデル比6.3%の小型化と20.8%の軽量化を実現。急速充電搭載で、充電ケース30分充電で14時間も音楽を再生できる。

さらに、デュアルデバイス同時接続(マルチポイント)に対応し、たとえばスマホで音楽を聞いているとき、PC上で急にオンライン会議が始まったときも、入力をスマートフォンからPCに自動的に切り替えてくれる。

―――このあたりはテレワーク時代にうれしい機能で、仕事中も移動中も「これひとつでイケる」を体感した。

こちらの記事もオススメです