AirXと京急電鉄、空の駅設置や空飛ぶクルマ商用化などを検討

2021.10.28

AirX、京浜急行電鉄、サムライインキュベートが「空」を舞台とする新しい交通の形づくりをめざすなか、AirXと京急電鉄が資本業務提携に関する契約を締結した。

AirXと京急電鉄はこれまで、エアモビリティを活用した観光プランの実現や三浦半島の回遊性向上を目的とする「SKY RESORT MIURA」プロジェクトを実施。

そのなかで、風光明媚な三浦半島地区における遊覧旅行および宿泊付き商品の開発などの実証実験を行ってきた。

東京 船橋 横浜と三浦半島を結ぶヘリコプター路線を開設

今回の出資を通じて両社の関係性を強化し、共同で、東京・船橋・横浜エリアと三浦半島を結ぶヘリコプター路線の開設や、ヘリポートの運営事業を行うことで、新たな観光の創出を図っていく。

また同時に、サムライインキュベートは継続して事業化に向けた伴走支援を行っていく。

空の駅の設置や空飛ぶクルマの商用化を検討

また、中長期的には、京急電鉄が「成長トライアングルゾーン」と位置付ける拠点である品川・羽田・横浜地区へのスカイポート(空の駅)の設置や、「空飛ぶクルマ(eVTOL)」などの商用化についても検討をすすめ、空を観光だけではなく、移動手段とするような新たな交通の形づくりをめざしていく。

AirXは、2023年以降訪れる「空の移動革命」を見据え、空の交通デジタルプラットフォームを開発するテクノロジー企業。

遊休ヘリと着陸地の独自データベースにもとづく国内唯一のヘリ手配オンデマンドシステムを構築し、ヘリの即時予約と運賃の低価格化を実現した。

現在ヘリのチャーターサービス「AIROS(エアロス)」「AIROS Skyview(エアロススカイビュー)」を運営し、次世代航空機の登場によるエアーモビリティ市場の急拡大を視野に、空の交通を最適化していくという。

画像:AirX
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです