阪神1000系 Go!Go!灘五郷!ラッピング第2弾 Nゲージ6両セット動力付き 11/20新発売!

2021.11.15

阪神なんば線 開業にあわせ、近鉄奈良線への乗入れにも対応した車両として、2006年から2011年にかけて近畿車輛で製造された阪神1000系。

阪神の顔となる車両として新しいデザインを採用して誕生し、19m級ステンレス製3扉の車体に、阪神優等列車のイメージであるオレンジ色をアクセントに配した形式。

6両編成を基本に、増結用の2両編成を併結した優等列車として、山陽電鉄線・近鉄奈良線への直通列車として活躍している。

そんな阪神1000系の「Go!Go!灘五郷!ラッピング第2弾」Nゲージ6両セット動力付きが、11月20日から、鉄道甲子園オンラインショップで先行発売される。

また一般販売は、12月1日から、上新電機 スーパーキッズランド本店(日本橋)・ジョーシン三宮1ばん館スーパーキッズランドで発売される。

価格は3万5,000円(税込)、パッケージサイズは縦31cm、横21.5cm、厚さ3.2cm。

Go!Go!灘五郷!ラッピング第2弾を鮮やかに再現

Go!Go!灘五郷!ラッピング第2弾は、灘五郷酒造組合、神戸市、西宮市、阪神電気鉄道の4者で構成する『「灘の酒蔵」活性化プロジェクト実行委員会』のプロジェクトの一環。

デザインは、日本一の酒どころ「灘五郷」が育んできた日本酒文化を、ほっこり楽しい和風テイストのイラストで表現し、2020年10月から運行を開始した。

このデザインのテーマは「四季折々の日本酒の楽しみ方」。春は「花見酒」、夏は「涼み酒」、秋は「ひやおろし」、冬は「しぼりたて」と、季節に応じた日本酒の楽しみ方をかわいい猫のイラストで表現している。

そんなGo!Go!灘五郷!ラッピング第2弾ラッピングを施した阪神1000系Nゲージ6両セット動力付きの特長は、下記のとおり。

◆ 前面行先表示は点灯式、前面・側面種別行先表示は付属ステッカーからの選択式

◆ 車両番号、社章、「“たいせつ”がギュッと。」マークは印刷済み

◆ 前面・側面種別行先表示、弱冷房車、優先座席(2種)、携帯電話、車椅子・ベビーカーマークは付属ステッカー(新規製作)からの選択式

◆ 列車無線アンテナ、ヒューズボックス、列車選定装置はユーザー取付け

◆ 避雷器は一体彫刻表現

◆ ヘッドライト(白色)、テールライト(赤色)、前面種別行先表示(白色)、通過標識灯(オレンジ)が点灯

◆ フライホイール付きコアレスモーター動力ユニット搭載

◆ 専用スリーブデザインを採用

画像:阪神コンテンツリンク
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事