JR九州「ふたつ星4047」デザイン発表 ビュッフェ・ラウンジ車も連結 「はやとの風」は2021年度内で運転終了

2021.11.26

JR九州は2021年11月26日、2022年秋の西九州新幹線開業にあわせてデビューするD&S列車(観光列車)「ふたつ星4047」の外観デザインを発表した。

「西九州の海めぐり列車」をコンセプトとし、有明海・大村湾の水面に映える“パールメタリック”を基調とした。車体には随所に金色のロゴとラインをあしらい、西九州の美しい自然に映えるようデザインしたという。

ロゴマークは佐賀県、長崎県という「九州観光のスター」が並び立つ様子を表現。ふたつの星が九州の観光をリードし、九州を元気にしていく様子をイメージしたという。デザインのトータルマネージメントは水戸岡鋭治氏が担当した。

列車はキハ47、140、147の三両編成で、全車指定席。定員は80名ほど。乗客の共用スペースや販売カウンターを配置した「ビュッフェ・ラウンジ車」を2両目に連結する。

「ビュッフェ・ラウンジ車」イメージ

車両には現在運転を取りやめている「はやとの風」「いさぶろう・しんぺい」の予備車両を使用する関係で、「はやとの風」は2021年度内で運転を終了する。

「ふたつ星4047」は2022年秋から、土日祝日を中心に運転予定。午前は長崎本線経由で武雄温泉から長崎へ、午後は大村線経由で長崎から武雄温泉へ向かう。各ルート3時間程度で、1日1本の運行を予定している。

主な区間の料金

西九州新幹線が内陸の「山」を走るのに対し、新D&S列車は「海」に面したルートをぐるりと走行する。JR九州は「目的にあわせてルートをお選びいただくことができ、車窓からは季節や時間によって変化する、ふたつの『海』の表情をお楽しみください」としている。

画像:JR九州
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/

<鉄道チャンネル 関連記事>
西九州エリアに新観光列車「ふたつ星4047」 西九州新幹線開業にあわせ2022年秋運行開始
https://tetsudo-ch.com/11885739.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです