「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】

2021.12.11

RDEではスピーチ、ディスカッション、プレゼンに続いて情報交流会が開かれ、参加者がフリーに情報交換しました(筆者撮影)

2021年11月24~26日に千葉市の幕張メッセで開かれた、「鉄道技術展2021」の連載コラム2回目です。今回は、鉄道ファンの皆さんにも興味を持っていただけそうな話題として、なぜわれわれは鉄道に惹(ひ)かれるのかを考えてみました。

ビジネス志向の展示会とは趣向を変え、会期2日目に開かれたのが、7回目の「レイルウェイ・デザイナーズ・イブニング(RDE)」です。キーノートスピーチ(基調講演)とパネルディスカッション、それに鉄道車両デザイナーによるプレゼンテーションが行われたRDE、テーマは「どうして鉄道は、人を惹きつけるのか~技術だけでは語れない、鉄道の魅力を探る」。会場では、「人間が本能的に持つ、早く遠くへ行きたいという深層心理の文化と、鉄道技術の間を取り持ち、人々を空想の世界にいざなうのが鉄道デザインだ」といった、深遠な話も飛び出しました。

鉄道デザイン界のレジェンドがスピーチ

まずはRDEを簡単にご案内。最近の鉄道は、列車や駅などデザインの重要性が増しています。鉄道技術展の一環として、メーカーや鉄道事業者に加え、デザイン事務所、フリーで活動するデザイナーが情報交換する場として設けられたのがRDEです。

自動車業界では、デザイナーの懇親の場として「オートモーティブ・デザイナーズナイト」が、東京モーターショーにあわせて開催されます。RDEは、その鉄道版という位置づけ。多くの講演やセミナーがあった鉄道技術展ですが、趣味的な視点を持つのはRDEが唯一といえるでしょう。

キーノートスピーチを担当したのは、月影デザインコンサルティングの山田晃三代表。多くの鉄道車両デザインを手がけたことで知られるGKデザイングループ(GKデザイン機構)の社長や相談役を務め、日本デザイン振興会(Gマーク)審査員フェロー、日本サインデザイン協会副会長などのキャリアも持つ、鉄道デザイン界のレジェンドと呼ぶにふさわしい方です。

山田代表は、「空想から科学へ。そしてふたたび空想のレイルを走る。」と題して講演。「より早く、より遠くに」という人間の空想を現実化する中で誕生し、進化を遂げてきた鉄道の歩みをおおむね次の通り語りました(以下の2章はスピーチを要約して、発言のまま紹介します)。

古代のコロが鉄道の原点!?

“鉄道は産業革命で発明された、蒸気機関を動力源とする工業製品の一つとして、偶然に生まれたわけではない(もちろんそうした一面もあるだろうが)。レールを敷いて車輪を走らせれば、遠くに行けることを人類は古代から経験的に知っており、そうした空想を現実化する形で鉄道は生まれたのだ。

さらに話を巻き戻せば、人類には本能的に早く遠くへ行きたいという欲求があった。早く遠くは自動車や飛行機も同じだが、鉄道が違うのはレールがある点。「線路は続くよどこまでも」ではないが、目の前のレールをたどれば遠くに行ける。そうした点も、鉄道が多くの共感を呼んだ理由の一つだ。”(大意)

再び〝空想の海〟へ

“現代では、「敷かれたレールの上を走る」は必ずしも肯定的な表現ではないが、レールは確実に、その先を想像させる。鉄道を語る時、しばしばロマンやノスタルジーといった、抽象的な表現が使われる。それは空想から生まれた、鉄道の生い立ちを言い表しているように思える。

空想から生まれた鉄道は、科学の力で早く遠くへを実現してきた。そして現代の鉄道がさらなる未来に進むには、新しい空想が必要ともいえる。鉄道を進化させる〝空想の海〟にいざなう原動力。鉄道デザインは、そうした役目も託されている。

表現を変えれば少々抽象的になるが、「人間が本能的に鉄道に抱くロマン、それを実際の形にして利用客や社会に提示するのが、鉄道デザインの力」ともいえるだろう。”(大意)

次ページ鉄道趣味市場は年間400~500億円!?


LINEで送る

オススメ記事