伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

2022.01.23

5000形車両イメージ 画像:伊予鉄道

伊予鉄道への導入が進む、低床式の新型LRT車両5000形――

従来の2100形と比べて、通路幅は240ミリ広い1,220ミリに。定員も13名増。回生ブレーキやLED照明を採用することで環境負荷の低減を図った省エネ車両でもある。

伊予鉄道は5000形を新たに2両導入、2022年2月8日(火)より計10両で運行を開始する。

これにあわせ、2月5日(土)には古町駅構内で導入記念イベントが行われる。5000形や坊ちゃん列車の撮影会、転車台乗車体験など、様々な企画を予定。

募集人数は30名で、参加費は10,000円。同社ホームページで募集をかけ、応募多数の場合は抽選とする。


LINEで送る

オススメ記事