JR東日本の水素ハイブリッド電車「HYBARI」3月下旬から実証試験へ

2022.02.08

FV-E991系「HYBARI」(画像:JR東日本)

JR東日本は2022年2月8日、「ゼロカーボン・チャレンジ2050」達成に向けた取り組みについて発表するとともに、水素ハイブリッド電車「HYBARI」の実証試験開始時期を発表した。2022年3月下旬より、南武線(川崎~登戸)、鶴見線および南武線尻手支線において実証試験を開始し、将来の社会実装を推進していく。

「HYBARI」はJR東日本と日立、トヨタが連携開発する試験車両。形式名は「FV-E991系」で、愛称は「ひばり/HYdrogen-HYBrid Adavanced Rail vehicle for Innovation」の頭文字をとった。

「HYBARI」主要諸元(JR東日本)

<鉄道チャンネル 関連記事>
燃料電池ハイブリッド車両 FV-E991系 HYBARI、トヨタ現行ミライJPD20型 7台ぶんの水素タンク容量でどこまで行けるか
https://tetsudo-ch.com/11032109.html


LINEで送る

オススメ記事